Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トーカン 独自開発品を拡充 「和ゾット」新たに3品 通販や自社のカフェで提供

配信

食品新聞

 トーカンは13日から、新規事業「nutrth~なとりす~」ブランドで展開するオリジナル商品「和ゾット」の新商品を発売した。  これまで「帆立とじゃがいもの塩麹クリーム」「豚肉と大根の柚子胡椒」「ごろごろ野菜のミネストローネ風」の3品だったが、新たに「トマトと香味野菜のアメリケーヌ風」「ごま香るピリ辛坦々」「和風味噌クラムチャウダー」を追加投入。品揃え拡充で、認知向上にもつなげていきたい考えだ。  「和ゾット」は、管理栄養士が監修した具沢山スープシリーズ。ご飯と一緒に温めるだけで、手軽にスープご飯が楽しめる。  塩麹やみそなど、どの商品にも必ず和のだしや調味料を使用した、どこか懐かしく、ほっとする味わいが特徴。化学調味料・着色料・香料はすべて不使用。野菜や肉もしっかり摂取でき、塩分値や機能性などにも配慮している。  新商品「トマトと香味野菜のアメリケーヌ風」は、トマトと香味野菜・根菜にロブスターベースのアメリケーヌソースを合わせたもの。  一方、「ごま香るピリ辛坦々」は豚ひき肉、豆もやし、きくらげなどの具材に、ねりごまと豆板醤で香りとコク、辛味をつけた。  和風味噌クラムチャウダー」は、白みそでコクをプラス。あさり、にんじん、じゃがいも、大根など具材たっぷりに仕上げている。  取り扱いについては、通販サイトや同社が今春オープンしたカフェ「nutrth SAKUMACHI本店」(名古屋市北区)で。カフェメニューでの提供も今後行っていく。

【関連記事】