Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

増田貴久「差し入れに『ゴチになります』と書かれる」 橋本愛主演ドラマの舞台裏を明かす

配信

ザテレビジョン

2月27日、都内でWOWOW「連続ドラマW パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」の完成報告会が開かれ、主演の橋本愛、共演の増田貴久(NEWS)、北村有起哉、松本まりか、那須雄登(美 少年)、原作者・柚月裕子、小林聖太郎監督が出席した。 【写真を見る】橋本愛はシースルーの白ドレス、増田はモノトーンのお洒落な衣装で登場! 3月7日(土)夜10:00より、WOWOWプライムにてスタートする本作は、「孤狼の血」などのヒット作を持つ柚月裕子の同名小説をドラマ化。市役所でケースワーカーとして働く主人公・牧野聡美(橋本愛)が、信頼していた先輩の死をきっかけに、福祉や市政、医療を取り巻く町の闇に巻き込まれていく姿を描く。 高校時代から「組織では全体の約2割の人間が大部分の利益をもたらしている」と提唱した経済学者ヴィルフレド・パレートによる「パレートの法則」を無意識に感じていたという橋本は「企画書にその数字が書かれていて衝撃を受けました。もうこれはやらなければいけないし、運命的な何かがあると感じて、内容を確認せずに飛び込んだのが最初の入り口」と明かし「その後になって『内容がつまらなかったらどうしよう...』と不安になったけれど、大正解でした。原作も面白いし、最高のスタッフさんとご一緒できたのも超幸せ。それぞれの味が粒だっている作品に仕上がりました。これはラッキーなお仕事でした」と思い入れたっぷりに語った。 増田は「内容を見る前にやりますと言わせてもらった」とオファーに対して即答だったようで「そこから原作を読んで自分の知らない世界があり、この現実を知らなければいけないと感じたので、作品に関わらせてもらったことは幸せでした。凄く嬉しい」と出演意義を実感。撮影中に「ぐるぐるナインティナイン」(毎週木曜夜7:56-8:54、日本テレビ系)内の企画「グルメチキンレース ゴチになります」へのレギュラー出演も決まったが「撮影現場に差し入れをしていたら、途中からスタッフの方が『増田さんゴチになります』と書いた紙を貼ったりしてくれて...。嬉しかったです」と笑顔を浮かべた。 北村は「社会の片隅でしがみついて生きている人の姿が克明に描かれており、話を増すごとにショックも増してくる。 ラストに向かって一体何がどうなるのか?ハラハラドキドキする展開もあり、社会問題をテーマにしているので現実 とリンクしている見応えのある作品です」と太鼓判。ちなみに撮影中に第二子が誕生した北村は「その日は撮影がな かったので良かった!これから死ぬまで働きますよ!」とユーモア交じりに宣言していた。 松本は「現実に私たちが知らなければいけない、スポットライトの当たらない社会があり、ドラマを通して知ること ができて本当に良かった。正体不明の女という役柄ですが、それでなければ生きていくことができない人がいるとい うことをぜひ皆さんに知ってもらいたいです」と熱弁。 ドラマ初出演の那須は「初めてのドラマのお仕事で、しかも不良役。金髪に染めるということもあって、一生忘れられない作品になりました」と感想を語り、美 少年メンバーには「出演することはすぐに伝えました。『ちゃんと台本を読んで覚えていくんだよ』とアドバイスももらえて嬉しかった」と喜んでいた。 事務所の先輩である増田は、那須に対して「初めてのドラマなので緊張しているかな?と思って、『どうだった?』とメールをしたら、その日には連絡が来なかった」とポツリ。那須は慌てた様子で「あまりスマホを見ないんです! ...あのときはありがとうございました!」と返答した。 橋本は撮影の雰囲気を振り返り「皆さんと向き合うシーンは毎回面白味が違って、人によってこんなに違うんだ!と驚いて、それはまるで異種格闘技戦のよう。主役という立場だからこそ色々な共演者の方々と演技というコミュニケーションを取ることができて楽しかった」と充実した表情で報告。 それに小林監督は「決まり切ったことはやりたくなくて、生き生きとその場の生の感覚を撮りたかった。それについていけない人もいたり、僕自身がついていけなかったり、それを楽しみながら常に探って作っていった実感があります」と手法を解説していた。 原作者の柚月は「重いテーマなのでドラマ化は難しいのではないかと思っていたので、大変驚くとともに、どんなドラマになるのか楽しみでした。キャストのみなさんがどのように私が書いた登場人物たちを演じているのか、放送が楽しみです」と期待を込めていた。 最後に主演の橋本は「この作品には『みんな共に生きている』という、当たり前だけれど見落としがちな大切なことが詰まっています。私たちには作品を作って世界を変えることしかできないけれど、その想いを最後まで信じて作り続けました。一人でもいいので、届くべき人に届けばいいと願っています」とアピールしていた。(ザテレビジョン)

【関連記事】