Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

吉村知事の“うがい薬”使用呼び掛けに「スッキリ」で加藤浩次が懸念 近藤春菜は「”偽陰性”の可能性も出てきちゃうのかな」と疑問

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

 5日放送の日本テレビ系「スッキリ」は、大阪府の吉村洋文知事と大阪市の松井一郎市長が4日の記者会見で、新型コロナ感染拡大の対策のひとつとして利用を求めて紹介した、うがい薬について特集。誤った利用で陽性者が正しく判定できない事態につながらないかといった懸念と指摘が番組内では上がっていた。 【写真】うがい薬が売り切れ…空になった薬局の棚  会見では「イソジン」などのうがい薬が提示され、ポビドンヨードという成分を含むうがい薬を使用した人の唾液をPCR検査すると、陰性結果が多かったことなどが発表された。  同日の夕方には町中のドラッグストアからうがい薬が消え、完売が続出。フリマアプリでは高額転売などが相次いだ。  MCの加藤浩次は、うがいを続けた後に新型コロナウイルスに感染した場合「唾液によるPCR検査をやった時に陽性が出づらかったりする可能性もあるんじゃ」と懸念。  リモート出演した日本感染症学会の佐藤昭裕専門医も、陽性者が陰性判定を求めて悪用しないかと同じ懸念を抱いているとして同調していた。  MCの「ハリセンボン」近藤春菜も、会見に同席した医師が「うがいをした後、1時間程度でウイルスの量が再び増えるケースもある」と発言した内容を引用し、「”偽陰性”の可能性も出てきちゃうのかな」と同じく疑問を持ったとしてコメントしていた。

中日スポーツ

【関連記事】