Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子どもを育てられない親、預ける親を認める社会に…3歳女児ネグレクト死事件から考える

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 長女の稀華ちゃん(3)に十分な食事を与えず放置し死亡させた疑いが持たれている梯沙希容疑者(24)が9日、送検された。 【映像】元被害児童に聞く、ネグレクトと虐待  捜査関係者によると、梯容疑者は知人男性に会うため自宅に稀華ちゃんだけを残し、8日間にわたり鹿児島県に行っていたといい、「子どもの面倒を見るのが大変でリフレッシュしたかった」「居間のドアをソファで塞ぎ、開けられないようにして外出した」と供述。その一方、「エアコンはつけていた」「お茶や食事を置いていった」「死ぬとは思わなかった」とも話しているという。  仕事の後にパチンコに行くなど、以前から稀華ちゃんを放置していたという梯容疑者。通っていた店の関係者は「遅くても終電くらいには帰る形で朝まで残ることはなかった。今回の話を聞いて初めてお子さんがいると知った」と話した。

 厚生労働省によると、去年、ネグレクトを含む児童虐待の相談件数は15万9850件と過去最多となっている。NPO法人「児童虐待防止全国ネットワーク」の高祖常子理事は「報道によれば、夜に仕事に出る際に置き去りにしていたというし、5月にも旅行に行っているという。“あの時は大丈夫だったから”ということで、放置する期間が少しずつ長くなってしまったのではないか。供述からも、命を奪おうという意識は本当になかったのではないか」との見方を示す。  「やはり子どもの世話ができない、ということであれば、“預ける”という選択肢を持っていただきたいということ。そのためにも、まずは自治体や児童相談所などに相談すること。様々なトラウマを抱えられている方も多いので、心療内科などに相談してもいいと思う。今回のケースでは、本人がどのくらい相談をしていたのかが気になる。“受援力”とも言うが、一般的に社会で元気にやられている方は周囲とのつながりがあり、協力し合えたり、手を借りたり、時にはSOSを出せる人だ。しかしネグレクトが起きている家庭の場合、そうでないことがとても多いからだ。また、保育園に登園しなくなってしまっていたということなので、母娘は社会とつながることがなく、見えづらくなっていたと思う。気になる泣き声が続いたり、子どもの姿を見かけなくなったりした場合、その家庭が何らの困りごとを抱えている可能性がある。実際に虐待があるかどうかは児童相談所が判断してくれるので、近隣の方は、ためらわずに通告ダイヤル“189”に情報を提供していただければと思う」。

【関連記事】