Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

周南市・キャッシュレス決済で2割還元 消費喚起を目的に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの経済新聞ネットワーク

 周南市は9月1日、利用金額の最大20%が戻ってくるスマートフォン決済サービス「paypay(ペイペイ)」のポイント還元キャンペーンを始めた。(周南経済新聞) 【写真】コンビニで初めてのキャッシュレス決済を体験する藤井市長  新型コロナウイルス感染症により低下した市内の消費喚起と「新しい生活様式」としてのキャッシュレス決済の推進を目的とした同事業。市内飲食店や小売店など約1300店のキャンペーン対象店で「PayPay」を使うと、決済金額の最大20%がポイント(1ポイント=1円)で還元される。決済1回につき上限は1,000円分まで。県内初となる同キャンペーンは9月30日まで行われ、期間中5,000円分までがポイント還元される。事業予算は1億5000万円。  2日、藤井律子周南市長は同キャンペーンのPRを目的に、周南市庁舎内にあるコンビニ「生活彩家」で障がい者福祉施設「周南あけぼの園」が作る雑貨や、特産品、お茶などを購入し、初めてのキャッシュレス決済を体験した。  藤井市長は「簡単で便利なキャッシュレス決済。コロナ禍で消費が落ち込む中、市内事業者の売り上げが少しでも増え、元気を取り戻せれば。市民の皆さんも2割の還元でとてもお得。市外からお越しの方も利用できるので、ぜひ周南でお買い物をしてほしい」と話した。  キャンペーン対象店は、決済アプリで確認できる。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】