Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

珍事!ソフトバンク選手とコーチの「連続ヘディング」で地獄から天国

配信

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-楽天(11日、ペイペイドーム)  ソフトバンクの攻撃でまれに見る珍事があった。 【写真】送球がヘルメット後部に当たった牧原。そのまま本多コーチのヘルメットにも当たり三進した  1点リードの8回、先頭の甲斐が四球で出塁し、代走に牧原。続く三森が送りバントの構えを見せた。楽天・酒居の初球はワンバウンドのボール。三森はバットを引いたが牧原が飛び出しており、捕手の太田が拾い直して二塁ベースカバーに入った遊撃手の茂木に送球した。  挟まれた牧原は一塁に帰塁を試みた。茂木が一塁送球し、タイミングはアウトだったが、ボールが牧原のヘルメット後部に直撃。さらに方向が変わった送球が一塁の本多内野守備走塁コーチのヘルメットにも当たり、ソフトバンクの一塁ベンチに飛び込んだ。  予期せぬ事態に見舞われた本多コーチはその場にうずくまった。記録は茂木の失策で、1死走者なしになりかねないところが無死三塁。首に古傷がある本多コーチだけに心配されたが、幸い大事には至らなかった様子。三森が二塁打を放ち、ソフトバンクに大きな追加点が入った。さらに2死満塁で今季初めて出場選手登録をされた中村晃が初安打となる右前2点打を放って突き放した。

西日本スポーツ

【関連記事】