Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナパンデミック中に臓器移植を受けて知ったこと

配信

ギズモード・ジャパン

臓器移植の問題は長引きそうです…。 この新型コロナ禍の中、ニューヨークで膝の移植手術を受けたBrian Kahn記者が、未知のウイルス蔓延下での臓器移植の現状を調べてみました。 4週間前、私はマンハッタン眼科耳鼻咽喉科病院の無人の待合室へと入っていきました。そこにはケーブル局のニュースを流しているテレビ、モグラ色のイス、人工観葉植物と普通の外来病院ならではの装飾がそろっていました。しかし、普段なら患者と付き添いの人たちが待っているはずの場所にいたのはたったひとり、私だけでした。

パンデミックの中、移植手術を受ける

私は、Northwell Healthというニューヨーク州内で6万8000人の従業員を持つ病院ネットワークのリストに載っていた待機手術(緊急手術ではない、計画的に行なわれる手術)の最後のひとつを受ける患者だったのです。私の膝は大腿骨から外れた骨片が軟骨をえぐっているせいで時限爆弾のような状態でした。主治医に今、処置を施さなかったらいつ外れてもおかしくないと警告されて、このパンデミック中に緊急の移植手術を受ける危険を冒しました。 個人用防護具、スタッフの時間そして安全性といった意味で、ちょっとだけトロッコ問題のようだと感じました。しかしNorthwellがほとんどの待機手術をキャンセルしていても、「グレーゾーン」ステータスだったおかげで、私はスケジュールに残っていたのです(医学的な観点からすればあまりありがたくないステータスですね)。同種移植と呼ばれる手術は予定通りに進んで、整形外科医が骨片と損傷した軟骨とを片付けて、そこに完璧なサイズのドナーの骨と軟骨を入れてくれました。私はただひとりの患者として回復室で目覚め、グラハムクラッカー数枚とジンジャーエールの小さな缶をいただきました。お見舞いにきた妻には「史上最高の食事だった」と言ってたそうで…。その後すぐに退院となり、10分もよそ見したら変わってしまう世界へと放たれたのです。

【関連記事】