Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホンダモンキー125 ’20新作カスタムスタイル【ヨシムラ&ダートフリーク】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

ホンダモンキー125の’20新作カスタムスタイルを紹介。ヨシムラはCB750レーサーをかわいらしくオマージュ、ダートフリークはXLパリダカをオマージュしている。 【関連写真×11枚】ホンダモンキー125 ’20新作カスタムスタイル〈ヨシムラ&ダートフリーク〉

ヨシムラ モンキー125 カスタム:CB750レーサーをかわいらしくオマージュ

’71年のオンタリオ250マイルに参戦したクラウス・ホンダ・ヨシムラCB750Four改=CR750を彷彿とさせるカラーリングをまとったモンキーカスタム。新作パーツは、小型のメーターバイザーと猿のイラストが肉抜きされた開発中のフェンダーレスキット。機械曲ストレートサイクロンやX-TREADステップKIT、エンジンヘッドサイドカバーといった既発売のパーツと組み合わされている。 ――ヨシムラ モンキー125カスタム【主要装着パーツ】■機械曲ストレートサイクロン政府認証:4万1800円 ■メーターバイザー:1万780円~ ■フェンダーレスキット:開発中 ■ステップKIT X-TREAD:6万1600円 ■アルミヘッドサイドカバー:1万2100円 ■右サイドカバーSET:1万8700円~ ■カーボンメーターブラケットTYPE-B:3080円 ■フレームキャップSET:5280円 ■PRO-GRESS2マルチテンプメーター:1万3200円 ――機械曲ストレートサイクロンは、全域パワーアップ+5000rpmからの大幅な高回転特性アップが特徴。STDの5kgに対し、わずか1.9kgと大幅な軽量化も実現。 ――FRP製メーターバイザーは無塗装黒の他、純正近似色の赤、青、黄を用意。ステーやボルト、ゼッケンタイプのステッカーも付属する。 ――ダウンタイプのマフラーに交換したときに必須となる右サイドカバーもヨシムラ製。赤、青、黄のほか無塗装ブラックの4色が揃う。 ――開発中のフェンダーレスキットは、猿のイラストが肉抜きされたユニークな製品。ナンバー灯は薄型のLEDとなってスタイルを崩さない。 ――モチーフとなったヨシムラレーサー。ゼッケン#10も一緒だ。

【関連記事】