Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【懐かしの輸入車 01】2代目メルセデスCクラスは20世紀を締め括る、真打ちのセダンだった!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Webモーターマガジン

メルセデス・ベンツ Cクラス(2代目:2000年)

今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代の輸入車ニューモデルのインプレッションを当時の写真と記事で振り返ってみよう。第1回は「メルセデス・ベンツ Cクラス(2代目)」だ。 【写真】リアビューやインパネ、エンジンなどを見る(全9枚) メルセデス・ベンツのエントリーモデル(編集部註:2000年当時)であるCクラスが、登場以来7年を経てフルモデルチェンジを果たした。その新型Cクラスを鈴鹿サーキットのフルコースで試乗する機会を得た。 新型Cクラスでもっとも特徴的なのは、ヘッドライトがコンベンショナルな異形角型から、ユニークなひょうたん型?になったことだろう。従来からのメルセデス オーナーは当初は敬遠するかもしれないが、先に異形丸型4灯ヘッドライトを採用してデビュー当初は賛否両論となったEクラスも、現在では人気を集めている。このCクラスの顔つきも、しばらくすると慣れてしまうに違いない。 今回試乗したのは、スーパーチャージャー付き2LのC200コンプレッサー(以下、C200K)の左ハンドルと、2.6LになったC240の右ハンドル。発表会場のような室内ではなく、屋外で見る新型Cクラスは、写真で見るよりけっこうコンパクトだ。サイズ的には先代より全長とホイールベースが少し長くなっているが、全幅と全高はほとんど変わらない。 車内に乗り込むと、外観同様にSクラス風になったインテリアはかなり豪華だ。C200KもC240も装備はほぼ同等で、パワーシートはもちろんステアリングのテレスコピック&チルト調整まで電動だ! 大径のスピードメーター内にはマルチファンクション ディスプレイも備わる。後席はホイールベースが延びたおかげで足もとは広いが、なだらかなルーフ形状のためヘッドスペースは旧Cクラスよりやや狭い。 ブレーキから足まわりまでノーマルのままだったが、どちらもまったく不安なくサーキットでのスポーツ走行を楽しめた。何といっても効果的なのがESP(エレクトロニック スタビリティ プログラム)。S字のような100km/hほどで駆け抜ける中速コーナーではアンダーステアを消してくれるので、アクセルをガンガン踏んだままコーナリングが楽しめる。運転がうまくなったように感じさせてくれるのだ。 ストレートエンドでは180km/hにも達するが、直進安定性は良く風切り音も大きい方ではない。サーキットのような高回転域を常用する場所ではC200K、C240に大差はない。タイヤサイズの関係で、C240がわずかにロードホールディングはいい。タイヤは全車フランスBS製のトランザER30で、これはレグノER55に近い性格でマッチングは良かった。 一般道を想定しておとなしく走ってみると、C240の方がわずかに低速トルクがあるのと、4気筒よりは音や振動が少ないかな、というレベルで、どちらも乗り味の重厚感はCクラスとは思えないほどだ。ラック&ピニオンになったステアリングはパーキングスピードではけっこう重いが、相変わらずよく切れるので街中でも扱いやすいだろう。ブレーキのフィールもナチュラルだ。 新型Cクラスの出来の良さは、20世紀を締め括るにふさわしいセダンといえるだろう。50万円の価格差を考えると、オススメはC200Kだろうか。ただ、大量生産化のために見えない部分で削っているコストのため、先代よりも経年変化がどうなのか、少し気になってしまう。

メルセデス・ベンツ C200コンプレッサー 主要諸元

・全長×全幅×全高:4535×1730×1425mm ・ホイールベース:2715mm ・車両重量:1500kg ・エンジン形式:直4・DOHC+S/C ・排気量:1998cc ・最高出力:120kW(163ps)/5300rpm ・最大トルク:230Nm(23.5kgm)/2500-4800rpm ・トランスミッション:5速AT(ティップシフト) ・タイヤ:195/55R15 ・車両価格(当時):450万円

Webモーターマガジン

【関連記事】