Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シャーマンが伝授!セージやクリスタルで浄化する5つの方法。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

自宅を浄化しすることでフレッシュな心が培うと唱えるのは、シャーマンのコリーヌ・マッキャンだ。上質なエネルギーを呼び込むスペシャリストの彼女が、手軽に実践できる5つのセルフケア法を伝授する。ハーブやクリスタルを使って、今こそ快適なおうち時間を迎えよう。 上質なエネルギーを呼び寄せるシャーマニックエネルギー医学の実践者として活躍するコリーヌ・マッキャン。元スタイリストという異色の経歴の持ち主の彼女は、ワードローブを整理するクローゼットクレンズやクリスタルヒーリングなど、あらゆるメソッドを通じてファッションとスピリチュアル界を繋げている。2018年には自身のウェブサイト「Style Rituals」を立ち上げ、今ではすっかりモード界御用達のシャーマンである。 私たちの生活が新型コロナウイルスに脅かされている中でで、このようなセルフケア法が注目されている。そこで、日々上質なエネルギーをもたらす方法をコリーヌに聞いてみた。自宅で手軽に実践できる、5つのティップスを伝授する。

1. 正しいセージの活用で、空間と身体を浄化。

セージやパロサントといったハーブは空気、そして身体を浄化してくれる作用をもつ。ハーブを燃やすときはまず、安全な空間で必ず耐火皿を近くに置くことが大切。次に重要なのは、人や場所、または物のエネルギーを清める時に「不要なエネルギー」が出て行くための道を作ること。煙とエネルギーが建物から流れ出るように、ドアと窓が空いていることを確認して。この習慣はとてもスピリチュアルな儀式で、その考えは古代エジプトの時代にまで遡るのだ。 燃やす前は「ありがとう」とハーブに敬意を表そう。セージを束ごと燃やすことが多いが、家庭では小枝を取り出して、1本を燃やすのがベスト。禅の心のまま、ゆっくりと上下のモーションで、部屋全体に煙を漂わせて。「必要以上に燃やさないことが、自然に対するリスペクトなのです」とコリーンは言う。

2. クリスタルのパワーを味方に。

アメジストとブラックオブシディアンを玄関に置くことで、不要なエネルギーを空間から締め出すとされている。アメジストはエネルギーを消耗する人や出来事、(“エネルギーバンパイア”と呼ばれる)を払いのける作用があり、強い意志を持つブラックオブシディアンは身の回りを守ってくれる。 テレワーク中の人はシュンガイト、もしくはスモーキークォーツをデスクに置いて、仕事スペースを浄化しよう。この2つの石は、電化製品から放出される人工のEMF(電磁周波数)をやわらげるのに役立つ効果がある。顕現の石とされるアイアンパイライトは、To-Doリストの近くに置くと仕事がスピーディーに捗るという。そのほかにもビジネスを向上させるシトリンや金銭運アップをもたらすグリーンモスアゲートなど、今の目標に合ったクリスタルをインテリアとして取り入れてみて。 また、心の落ち着きとフレッシュなムードを求める、今にぴったりなクリスタルはセレナイト。塩をベースとしたこの石は、強力な空気浄化作用を持つとされ、ベッドやソファの下、クローゼット、収納スペースなど、家の中でエネルギーが詰りやすい場所に置くと、気分が軽くなるそうだ。 コリーヌがオススメする、その他のクリスタルを以下にリストアップする。 ・フォスフォシデライト: 肺の活力や免疫力を高める。 ・デュモルチェライト: 忍耐強い精神に整える。 ・スノーフレークオブシディアン: 行き場を失った感情を解放する。 ・ローズクォーツ: 自己愛と他者への愛を促す。 ・レピドライト: 万能的なクリスタルで、あらゆる困難も助けてくれる(コリーヌはこれを「クリスタル界のザナックス(アメリカの万能薬)」と呼んでいる)。 ・ダルメシアンストーン: せわしない心を落ち着かせる。 ・カーネリアン: クリエイティビティを刺激する。 クリスタルは、適度に洗浄することも大切だ。ボウルにスプーン一杯の海塩を入れ、溶けるまで混ぜる。その中にクリスタルを置き、24時間太陽の下に置く。材料がない場合は、クリスタルを観葉植物や庭の土に24時間埋めるのもよい。

【関連記事】