Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「アプローチがダフっちゃうんです……」ゴルフ女子の悩みを、高島早百合がさくっと解決!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ大好き芸人、イワイガワ・岩井ジョニ男とゴルフ大好きタレント、飯田あすか。上達のため、二人は最高飛距離365ヤードを誇る高島早百合プロの門を訪れた。そのレッスンの模様をGW特別企画として毎日公開! 今回は飯田が、苦手なハーフショットのアプローチ克服に挑む。

バックスウィングの“右ひじ”がダフリの原因だった

ジョニ男:アプローチってスコアメイクのためには大切ですよね。あすかちゃんは、アプローチってどうですか。 飯田:めっちゃ苦手です。グリーン周りで行ったり来たりとか、多いですよね。とくにハーフショットくらいになるとダフったり、トップしてコロコロみたいな感じがすごく多いんです。

高島:なるほど。ではまず40ヤードの、ハーフショットのアプローチだと仮定して何回か素振りをしてみてください。女性の場合は距離が出にくいので、アプローチウェッジを使ってみましょう。 飯田:わかりました。(ブンッ、ブンッ……)どうでしょうか? 高島:気になったのはバックスウィングでの手元と体の距離ですね。右ひじをたたみすぎていることで、両腕は伸びきってもいないし縮みきってもいない、非常に中途半端な状態でバックスウィングしてしまっています。

飯田:なるほど。 高島:逆にダウンスウィングでは折れ曲がっていた右ひじが伸び、その結果クラブはボールの手前で落ちてしまい、ダフリにつながっているんです。 飯田:どうすればいいんでしょうか。 高島:それだったらですね、最初から両腕を伸ばした状態でトップまでクラブを上げていきましょう。

飯田:最後まで、伸ばしておくんですか。 高島:そう、曲げない。両腕を伸ばすことで、右ひじの角度をキープしながらスウィングするんです。 飯田:なるほど、両腕を伸ばす、ですね。グリップについて質問なんですけど、アプローチでもグッと握らないほうがいいんですか。 高島:そう、グリップはゆるくです。そしてもう一点、アプローチみたいな小さいスウィングでもクラブヘッドは遠心力で自然と下りてくるので、上半身(両腕)はトップの形を維持したまま、腰を回して打つ、ということを覚えておいてください。両腕を伸ばし、腰を回して打つ。この二つができればダフリはしないですから。まず、そこだけを意識して打ってみましょうか。 飯田:はい。 ――右ひじをたたむ癖がついている飯田は慣れないスウィングに苦戦したものの、何回か意識してやるうちに、トップで右腕が伸び気味に上がるようになり、ボールにも綺麗にコンタクトするようになってきた。

【関連記事】