Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゴルフを特別にしない。これからの時代の“ゴルフ暮らし”を考える

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

仕事とゴルフの境界線があいまいな“沖縄スタイル”に学ぶべきことがある

6月のある日、沖縄にできた新しいゴルフスポットを訪れた。“house ONOFF(ハウスオノフ)”。ゴルフブランド『ONOFF』をプロデュースする大江旅人氏が私費で創った隠れ家的な空間だ。築50年ほど。長いこと空き家として放置され、庭も荒れ放題だった海が見える高台の古民家を、可愛らしく、どこか懐かしい空間へとリノベーションした。 『ONOFF』ブランドのゴルフクラブのフィッティングと販売、ソフトグッズの販売。ゴルフ品以外にも大江氏のメガネにかなった日常ウエアや雑貨が並ぶ。この夏からは、カバンやゴルフ用品でじわり人気の『木の庄帆布』が共同運営者という形で“house ONOFF”にジョイントしてきたのだという。 そもそも、大江氏はなぜ沖縄にこうした隠れ家的な拠点を作ったのか? 「個人的にゴルフをもっと日常にしたいな、という思いがずっとあったんですよね。図書館に行くようにゴルフと暮らせないかと。沖縄を選んだのは、ゴルフのそばに棲むという選択が容易に叶えられるからです。思いついた時にゴルフに行く。ゴルフの後に仕事する。それにはとにかくゴルフ環境のそばにいなければいけませんよね?(笑)」(大江氏) 実際、沖縄ではこうしたアクティビティと仕事の折り合いが、一日の中にうまく溶け込んでいる。午前スルー、午後スルーがゴルフの基本。ミドル・ショートコースなどサクッと回れるゴルフ環境もすくそこにある。那覇のような大都会にいても、Turf & Workを自然に実践できる、もともとそういう土地柄なのだ。 「コロナ禍という圧倒的で、大きなチカラの前にして、多くの人がこれまでの働き方や暮らし方を考える。そんな契機になったと思います。同時に農業、漁業、林業など第一次産業の大切さ。それらが暮らしのそばに、自分たちの手の内にしっかりとあることの安心感とかも感じたのではないでしょうか。ゴルフもそうですが、食も、音楽も文化的なことも。実はすべてがそばにあって一体のものなのだということに気づかされた。そんな気がするのです」(大江氏)

【関連記事】