Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ重症化のカギを握る「自然免疫」「獲得免疫」の正体

配信

女性自身

「収束のための1カ月」と安倍首相が語った5月が終わり、ついに、東京を含むすべての都道府県で緊急事態宣言が解除された「新型コロナウイルス」。 5月7日にはエボラ出血熱の治療薬だった「レムデシビル」が新型コロナウイルスの治療薬として国内初の薬事承認を受け、中旬からは医療機関での使用が認められた。また、新型インフルエンザの治療薬として開発された「アビガン」も承認こそ遅れているものの、その存在は早くから注目を集めており、すでに国内でも3000例近く投与されているという。 これらの薬に共通していえることは「ウイルスの増殖を抑え、症状を改善する」こと。 5月半ばには抗原検査キットが国内初承認を受け、PCR検査を補完する存在として期待されているが、こうした医療品が続々と承認・使用されるようになっていけば、ウイルスへの向き合い方も、おのずと新しい段階に入っていくことになるだろう。 つまり、今後は、引き続き感染予防には注意を払いながらも、「もしも感染した場合は、重症化や最悪の事態を免れるための対策をとる覚悟」を持つ必要があるのだ。 免疫に詳しい、順天堂大学大学院医学研究科の竹田和由先生は次のように語る。 「ワクチンが開発され、一般化するのはもう少し先のことでしょう。また、一般的にウイルスは、人口の大多数であるおよそ7割が感染して免疫を獲得する『集団免疫』ができあがることで収束に向かっていくものですが、この獲得にもまだまだ時間がかかるはず。新型コロナウイルスが世界中でここまで感染が拡大した以上、『自分も感染している、または感染する可能性がある』と考えたうえで、重症化しないよう自衛する工夫が必要といえるでしょう」 現在、働き方や、人とのコミュニケーションの取り方において模索されているのが「WITH コロナ」という考え方。ウイルスの根絶を目指すのではなく、共に生きることを前提とするものだ。 これは「健康の維持」においても同じで、新型コロナウイルスと“上手につきあう”ことも目を向けなければならない段階に移りつつあるといえるだろう。 そのためのポイントが、ウイルス感染と深く関わる「免疫力」だ。竹田先生に、改めて免疫のはたらきについて聞いた。 「そもそも免疫とは、異物を排除する能力のことで、ウイルスのほか、細菌や寄生虫など、外から入ってくるものをやっつけます。結果としてそれらの多くが病気のもとになっているので病気を防いでいるのですが、免疫自体は異物を『無害かそうでないか』を判断することができません。また、自分自身の正常な細胞に対してまで過剰に反応し、攻撃してしまうのがリウマチなどの『自己免疫疾患』。さらに、攻撃する必要のない特定の食べ物や花粉などの物質に対して反応して起こるのが『アレルギー』です。いずれにしても、免疫が正しく働いていることが病気を防ぐ下支えになるわけです」 ウイルスであればNK細胞やT細胞、細菌ならマクロファージ、寄生虫であれば好酸球や好中球と、異物の大きさによって対応する免疫機能も変わってくる。 「ただし、共通していえるのは、免疫は『自然免疫』と『獲得免疫』の2種類に分かれること。『自然免疫』とは生まれながらに持っている免疫で、体内に侵入してきたウイルスや細菌などの異物に即座に反応し、排除しようとします。まさに『水際対策』を担っているのが、この自然免疫です」 ここで異物を排除できれば問題はないが、自然免疫は反応が早くどんな敵とも戦える一方で、敵の強さによっては完全に排除ができないという特徴もある。 「すると自然免疫は、手に負えなくなった異物の情報を『獲得免疫』に伝えます。そして、獲得免疫は受け取った情報を分析し攻撃するための武器(抗体)を作り、ここで異物を完全に排除します。免疫は、この2つの連携プレーによって感染症を予防し、治しているのです」 しかし獲得免疫は文字どおり、一度その感染症にかかったことがないと反応できない。 「今回の新型コロナウイルスの恐ろしい点はまさにここ。そのため、いまはとにかく自然免疫をいかに強化できるかが、“重症化予防”のカギになってくるのです」 自然免疫が強化されれば、ウイルスが体内で増殖するまでの防波堤が高くなり、獲得免疫が立ち上がるための時間が稼げるのだ。 「自然免疫のなかでも、ウイルス感染に対して主に働くのはNK細胞です。しかし、人体のあらゆる機能と同じようにこのNK細胞の活性も20代をピークに低下。また、ストレスや不規則な生活習慣によってNK細胞の活性が下がることも明らかになっています。年を取るほど病気や感染症になりやすく、かつ治りにくくなるのはこのためです。中高年こそ生活習慣に気を配りましょう」 新型コロナウイルスは高齢者ほど重症化しやすいほか、心血管疾患や糖尿病など、基礎疾患がある人の致死率が高いというデータもあるので注意が必要だ。 「裏を返せば、自然免疫は体調を整えれば活性化できるということ。新型コロナウイルスの重症化を防ぐだけでなく、あらゆる病気予防にもつながりますので、早めの対策で免疫力を高めましょう」

「女性自身」2020年6月16日号 掲載

【関連記事】