Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東えりかが読む北方謙三「チンギス紀」両者一歩も引かぬ闘い

配信

Book Bang

両者一歩も引かぬ闘い

 ケレイト王国のトオリル・カンとともに金(きん)国に与(くみ)してタタル族と戦ったテムジンは、金国もタタル族も敵とするジャンダラン氏の長(おさ)、ジャムカと袂(たもと)を分かった『チンギス紀 六 断金(だんきん)』。同い年、同じ思いを語り合い、最も親しい友であったふたりの青春の終焉を読み終わったとき、次に起こるのは何か、読者のほとんどは察していたのではないだろうか。 『虎落』では想像通り、トオリル・カンと組んだテムジン軍と、ジャムカ、タイチウト族長のタルグダイ、そしてメルキト族の若き族長アインガの三者連合軍との死闘が描かれる。両者一歩も引かぬ闘いは、本書の主要な登場人物それぞれの視点から細かく語られ物語は進む。広大な草原に攻守入り乱れ討ち討たれる様子は、三国志、大水滸伝シリーズで磨き上げた北方謙三の筆が冴えわたる。  ドローンの空撮のように鳥瞰された軍勢の動きが目の前に展開される。フォーカスを絞ると、そこにいるのは無念無想のテムジン、鬼の形相のジャムカ、人のよさそうなジャカ・ガンボ、執念を滾(たぎ)らせるタルグダイ、酷薄な笑いを浮かべるトオリル・カンである。  病に倒れたテムジンの異母弟、ベルグティの戦いは圧巻だ。颯爽と出陣する姿は記憶に残る。彼もまたこの物語で最後まで語られる英雄となるだろう。 『絶影(ぜつえい)』でテムジンの手に渡った吹毛剣(すいもうけん)も期待に違わぬ働きを見せ、テムジンに脈々と伝わる遺伝子の偉大さに胸が熱くなる。  北方はインタビューで「チンギス紀と大水滸伝は違うシリーズである」と断言した。だが私は、大水滸伝の源ともいえる『楊家将(ようかしょう)』を思い出さずにはいられない。家族を愛し、一族の繋がりを大事にして強固な国を目指した楊業(ようぎょう)の姿がテムジンと重なる。  モンゴル族間の戦いはひとまず一区切りを遂げたのか? この後、テムジンが周辺国をどのように併呑(へいどん)していくのだろう。人類史上最大規模のモンゴル帝国成立までのカウントダウンが始まった。 東えりか あづま・えりか●書評家、書評サイト「HONZ」副代表 [レビュアー]東えりか(書評家・HONZ副代表) 千葉県生まれ。書評家。「小説すばる」「週刊新潮」「ミステリマガジン」「読売新聞」ほか各メディアで書評を担当。また、小説以外の優れた書籍を紹介するウェブサイト「HONZ」の副代表を務めている。 青春と読書 2020年4月号 掲載

集英社

【関連記事】