Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本人のための高級車こそクラウン!「トップ・オブ・クラウン」トヨタ 初代 クラウンマジェスタ【MOTA写真館】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

1991年に登場したクラウンマジェスタは、トヨタの高級車として知られるクラウンと世界戦略高級車セルシオの中間ポジションとして誕生した。クラウン史上初のフルモノコックボディを採用し、上位グレードには初代セルシオと共通の4.0リッター V8エンジンを搭載する。 ■妥協のない高級感!初代クラウンマジェスタの内外装をもっと見る ▼これまでご紹介した名車は関連記事をチェック!▼

スポーティさと高級感を高めた「トップ・オブ・クラウン」

角が丸く、落ち着きと威厳のあるスタイリングと4ドアのハードトップが特徴の初代 クラウンマジェスタは、「威厳のある、荘厳な、堂々とした」を意味する「MAJESTIC」がその名の由来。 ボディは、9代目 クラウンよりも全長を100mm、全幅を50mm、そして、ホイールベースは50mm延長。それまでクラウンの伝統出会ったフレーム構造から、新開発のフルモノコックボディを採用し、スポーツセダンとしても知られるアリストとシャーシを共有する。 エンジンは、セルシオと共通の4.0リッター V8エンジンとクラウンにも採用された新開発の3.0リッター 直列6気筒エンジンを搭載。サスペンションに四輪ダブルウィッシュボーン式電子制御エアサスペンションとし、新開発の防振サブフレームと組み合わせ、上質な乗り心地を実現している。

クラウンとは日本人のための高級セダン

トヨタがクラウンマジェスタを開発した背景は、バブル時代に大ヒットした日産 初代シーマの「シーマ現象」による影響が大きい。それは、バブル末期であったとは言え、ユーザーの高級志向が一層高まっていたことを意味する。 また、7代目クラウンで有名になった「いつかはクラウン」というキャッチコピーのように、クラウンはトヨタが日本人のために作った高級セダン。1989年には当時北米向け高級ブランド“レクサス LS”として登場した初代セルシオとは違い、クラウンは日本の風土や環境、さらに日本人のための高級車だ。そのため、初代 クラウンマジェスタは「トップ・オブ・クラウン」として、日本のユーザーを一番に考えたクラウンブランドの最高峰なのである。

スペックや価格

■全長×全幅×全高:4,900mm×1,800mm×1,420mm ■エンジン ・4.0リッター V型8気筒 DOHC 260馬力 ・3.0リッター 直列6気筒 DOHC 230馬力 ■トランスミッション:4速AT ■駆動方式:FR/4WD ■販売期間:1991年~1995年 ■価格:434万円~598万円(1991年式)

MOTA編集部

【関連記事】

最終更新:
MOTA