Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「15年の歳月は無駄じゃない」大反響の劇場版アニメ「Fate[HF]」最終章、杉山紀彰&下屋則子からファンへ送るメッセージ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 ついに8月15日(土)から劇場公開が始まった『劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」III.spring song』。公開初日にはTwitterトレンド上位に「Fate」「Heaven's_Feel」が登場し続けるなど、衛宮士郎(CV:杉山紀彰)と間桐桜(CV:下屋則子)の物語の終幕は数多くのファンから反響を呼んでいる。興行通信社より発表の8月15日から16日の全国映画動員でも、見事1位を獲得した。 【画像一覧】桜の秘密を知った士郎は…第二章の名シーン「レイン」  今回、ABEMA TIMESでは、同作にて主演を演じる杉山紀彰と下屋則子にインタビューを実施。2006年から士郎と桜を演じ続けた2人に心境を聞いた。 ―― 『Heaven's Feel(以下、HF)』第三章の劇場公開、本当におめでとうございます。2014年7月に行われた「Fate Project 最新情報発表会」で『HF』の劇場アニメ化が発表されてから第三章の公開まで、約6年が経過しました。この歳月の中で『Fate』シリーズやキャラクターに対する印象に変化はありましたか。 下屋:2014年の時点でもう、派生作品も含めていろいろな桜を演じさせていただいておりました。『HF』のストーリーももちろんよく知っていましたが、須藤友徳監督が描く『HF』というものに触れたときに「印象が変わったな」という感覚があります。劇場版『HF』は原作に忠実に描かれている映像作品なのですが、映像化にあたり須藤監督が描きたかった想いを描くため、オリジナルで追加されたシーンもありました。  たとえば第一章冒頭の桜と士郎の出会いがそうなのですが、2人がどういう時間をともに過ごして、どのようにお互いにとって大切な存在になっていったかということが丁寧に描かれています。第一章から第三章にかけて須藤監督が作品で伝えたかったことを共に作り上げていく中で、私もより桜に近づけたような、理解が深まった感覚がありますね。 杉山:キャラクターに対して、大きく変わった印象はありません。士郎が最後に導き出した答え、それに至る方法が他のルートと毛色の違う『HF』ですが、それも衛宮士郎という人間なりの“正義”に対するアプローチのひとつのカタチなのであって、決して桜以外の他人を助けることがどうでもよくなったというわけではないと考えています。優先順位がより明瞭になったということなのかな、と。  『HF』の劇場映画化が決定したとき、正直に言うと劇場版という限られた尺で原作のボリュームを表現することは難しいのではないかと危惧したんです。士郎と桜の話のみにフィーチャーして映像されるのかなと考えていたのですが、蓋を開けてみるとそうじゃなかった。士郎と桜の物語に付随する登場人物たちが秘めていた想いや願い、そういったものも含めてすごく丁寧に描いてくださっていた。須藤監督がおっしゃるには、原作ゲームをプレイしたあとの“読後感”を『HF』を見終わった方にも感じていただけるように工夫したそうです。  映画の限られた尺の中で、付随するキャラクター、世界を構成する登場人物のことまでものすごく掘り下げて、なおかつノベルゲーム特有の言葉の多さを映像に落とし込んだっていうのが、もうすごいなって感動しましたね。

【関連記事】