Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

信長、秀吉、家康+光秀が従軍した戦国史跡「金ケ崎の絶景」【「半島をゆく」越前・若狭編 】

配信

サライ.jp

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp』では歴史学者・藤田達生氏(三重大学教授)による《歴史解説編》をお届けします。 文/藤田達生(三重大学教授)

今回は、古代以来の京都の北の外港ともいうべき越前と若狭の港町を訪ねる旅である。名古屋から新幹線に乗り、米原から北陸本線に乗り換え、琵琶湖を眺めつつ木之本を過ぎ、賤ガ岳の古戦場跡に思いを馳せトンネルを抜けると、もう敦賀駅に到着である。意外に近かった。 「半島をゆく」スタッフが揃うと、越前の一宮・氣比神宮に向かった。久しぶりに鳥居の前に立つと、金ケ崎城や手筒山城が見通せるばかりか、立派な街道に面しており、かつての町の中心といってよい立地にあることに気づく。 思わず見上げる立派なこの鳥居は、第二次大戦の空襲を免れたもので、国の重要文化財に指定されており、奈良の春日大社や広島の厳島神社の大鳥居とともに「日本三大鳥居」にも数えられている。

今回の案内人・敦賀市教育委員会の奥村香子さんのご説明によると、敦賀市域は「けいさん」と市民から親しまれている氣比神宮が鎮座する町の東側地域が、古代以来の中心だったそうである。確かに、当社から港に至るラインが、古来のメインルートとみてよいだろう。 境内を散策すると、金ケ崎城から手筒山城にかけての山並みを借景にしているように感じられた。そうなのである。南北朝時代には宮司の氣比氏治が金ヶ崎城を築いて奮戦したが、北朝方に敗れ一門は討ち死したという。 やはり、一体の関係にあったのである。なお、中鳥居の右手前には「旗掛松」があった。延元元年(1336)に氏治が南朝の後醍醐天皇を迎え、氣比大明神の神旗を掲げた松といわれる。 社殿は、何度も戦火にあい、そのたびに建て替えられた。当社には、多くのいにしえの人々が参拝した痕跡がある。たとえば、俳聖・松尾芭蕉である。境内には芭蕉像と立派な句碑があり、私たち一行も足を止めた。

【関連記事】