Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

40年間重さは変わらず200グラム。なのに体積は300cc増! 意外な事実から「未来のドライバー」を考える

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

ドライバーのヘッド重量はどのメーカーも約200グラムで並んでいる。それはパーシモンからメタルに移行された1980年代から最新のドライバーまで変わっていない。“そのこと”が意味することはなにか? ギアライター・高梨祥明がドライバーの進化の方向性を探った。

この40年、重さはほとんど変わらず、300ccもラージ化したドライバーヘッド

今日はゴルフクラブ好きに“閑話休題”ともいえる話題を一つ。写真1に示したのは小さいステンレスのキューブを量りに載せて計測したものである。ぴったり200グラムあった。 では次に、メタルヘッドの元祖ともいえるテーラーメイド のピッツバーグパーシモンメタル(1980年製/体積160cc台)を量りに載せてみる。重量は198グラムとなった。 さらに、大型メタルヘッドの元祖、キャロウェイのビッグバーサメタル(90年製/体積190cc程度)を量ってみる。重量は、199グラムだった。最後に最近の大型ドライバーヘッド(16年製/体積)460ccを量りに載せてみた。その重量はやはり199グラムだった。 1980年代初めは体積160cc台半ばだったドライバーヘッドは、40年経って300cc近く大きくなった。大型化の理由は、やさしさの向上。いわゆる慣性モーメントのアップである。ゴルフクラブメーカーは、40年もの間、次々に新しい素材、製法を開発し、ヘッドを風船のように大きく膨らましつつ、重量が重たくならないように努力してきたのだ。おそらくこれが、最も簡単な“ドライバーヘッドの進化”についての説明となる。 ヘッド重量は同じで、ヘッドが大型化し、シャフトが長尺化し、それをハイスピードで振り抜くためにシャフトがどんどん軽量化されていった。これがこの40年の歩みである。 ドライバーの開発は最近、各社の足並みが完全に揃っており、新しい方向性を出せずにいるようにも見える。足並みが揃う、ということはこれまでの取り組み(大型ヘッド+長尺による合理的な飛距離アップ)については、ゴール付近までたどり着いたということになるだろう。では、次に進むとしたら、どういう方向が考えられるだろうか? ひとつあるのは、ヘッド重量のバリエーションを持つことだ。ここまで確認してきたように、時代は変わっても、ヘッド重量は200グラム前後で統一されてきたのがここまで。だとしたら、もっと軽量(180グラム台)にしたヘッドの選択肢があっていいように思う。現在でもシニア向け、レディス向けに190グラムを切る軽量ヘッドを採用しているブランドもあるが、ヘッドを軽くすれば振りやすさが向上するのである。つまり、複数のヘッド重量を選択肢として持つことで、ゴルファーは振りやすさを選べるようになるのである(クラブを短く持って振ると振りやすさが変わって感じたりするのと同じこと)。

【関連記事】