Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

龍崎孝氏「がっかりしました」柿崎氏の総理補佐官就任に率直思い 毎日新聞同期

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 元TBS解説委員で流通経済大教授の龍崎孝氏が30日、TBS系「ひるおび!」で、共同通信社の柿崎明二氏が総理補佐官に就任したことに「がっかりしました」と率直な気持ちを述べた。  番組では、時折コメンテーターとして出演していた“ひるおび!ファミリー”とも言える柿崎氏が総理補佐官に就任したニュースを取り上げた。  龍崎氏は柿崎氏のニュースを聞いた瞬間の思いを聞かれ「がっかりしましたね」。龍崎氏と柿崎氏は毎日新聞入社で同期だといい「そういう意味では新聞記者の本分を全うしあっている仲だと思っていましたけど、転職されたということで、少し残念な気持ち」と語った。  さらには「どういうお仕事をされるかはこれからだと思いますが、基本的な立場として、権力の中に入るのはあり得ないと思っているのが私たち(記者側)。意外じゃないところも後でお話するが、がっかりした」と率直な気持ちを述べた。  龍崎氏は毎日新聞からTBSへ、柿崎氏は毎日新聞から共同通信へと移ったが、龍崎氏は新人研修で販売店研修を行ったときの思い出を披露。新聞を積んだトラックに2人で乗って「1時間、2時間話をした」といい、研修終了後の配属先について、柿崎氏は「政治部に入って将来は政治家になりたいと話した」と“意外じゃない”と思った理由も語った。「僕はラグビー記者になりたかったから、すごい大人だなと。ピカピカの時に言っていた」と懐かしそうに振り返っていた。  そして「くれぐれも国民を裏切らないで」と同期だからこそのメッセージも送り「同期の友情で言えば、使命というか、あんたは記者なんだよとずっと思っていてほしい」と訴えていた。

【関連記事】