Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「若い人の言葉の中にこそ、すべての世代の課題を切り拓く力がある」  公明党青年委員長・矢倉克夫氏インタビュー

配信

選挙ドットコム

各政党には「青年局」という組織がありますが、公明党には「青年局」と「学生局」を束ねる組織として「青年委員会」があります。 実際にどのようなことを行っているのか?公明党の青年委員会について矢倉克夫・青年委員長にお聞きしました。

選挙ドットコム編集部:公明党青年委員会では、どのような取り組みをされているのですか? 矢倉克夫・公明党青年委員長:若い人の声を聞き、具体的に形にしていく取り組みをしています。公明党には全都道府県に約3000名の地方議員がおり、50歳以下の方は基本的に青年委員会に所属しています。 その皆様とともに、「ユーストークミーティング」と題し10人程度の若者との膝詰めでの対話運動を昨年12月から全ての都道府県で大展開、数ヶ月で50回以上開き、700人以上と会ってきました。 コロナウイルスの感染拡大で一時中断を余儀なくされましたが、4月半ばくらいからオンラインに切り替え、数週間で50回以上、500人くらいと対話しました。例えば飲食店の経営者さんなど、みんなが集まる時間帯には参加できなかった人たちから、これまで聞けなかった生の声をきけたのが非常に良かったと思っています。 もちろん、ただ聞くだけでは意味がありません。具体の声を分類し、議員ごと役割を決めて国会質問で反映する、役所とやり取りするなど、組織的に動くとともに、5月21日は青年の代表とともに官邸に申し入れ、多くの項目を第二次補正予算案に盛り込むことができました。政策決定過程の「見える化」を通じ、「政治に声が届くんだ」と若い人たちに実感を持っていただけたと思います。

選コム:青年委員会でこれからやっていきたいことや目標はなんですか? 矢倉委員長:まず今行なっている運動をさらに発展させることです。その上で目標ということであれば、政治家と有権者がより一体化した運動を展開することでしょうか。 例えばかつて、公明党青年委員会は、多くの若者とともに、使わなくなったラジオを集め、内戦続くカンボジアに送る運動をしました。選挙を前にしたカンボジア国民の情報格差を埋めるためです。私はその時、大学生になったばかりでしたが、政治家との一体感を肌で感じました。 政治の側に立ち改めて、若い人と政治家が同じ行動者として社会を動かす運動がしたいと思っています。SDGsの理念が一つ鍵になると思います。 選コム:青年委員会の活動で、おおまかな対象となる10代~40歳代前半の「青年層」とそれより上の世代の違いはどのようなところですか? 矢倉委員長:失われた20年とか30年などと呼ばれますが、私たちは明日への希望が当たり前に持てなくなっている世代なんですよね。 ただ、その分、他者の痛みに敏感なのかもしれません。「ユーストーク」で若い世代の意見を聞き感じたことは、障がいのある人や息苦しさを感じている人など他者の立場に立った意見がとても多かったこと。 この地球上で誰かが苦しんでいる、助けたい、そんな想像力、正義感に満ちた若い人の言葉の中にこそ、すべての世代の課題を切り拓く力があります。課題は、政治がそれに寄り添っていないこと。 若い世代の政治への無関心はそこに原因があります。若い世代の考えが、政策意思決定の過程に入れる仕組みももっと作っていかなければと思います。

【関連記事】