Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あなたはどこまで知っている? 「ゴルフカート」について掘り下げて考えた

配信

みんなのゴルフダイジェスト

多くの場合コースでのプレー時に使用することになるのがゴルフカート。カートの種類や、カートを使ったプレーの進め方までまとめて解説。

コースに付き物なゴルフカート

ラウンドの際の移動手段として主に用いることになるのが、ゴルフカート。18ホールぶんの長距離を移動してプレーするゴルフでは、キャディバッグをカートに積み込むことでプレー中のゴルファーへの負担を減らすことができ、さらに歩きのプレーよりも進行速度が上がるため、ほとんどのゴルフ場で採用されている乗り物だ。 ゴルフカートは4輪の電動式で、2~5名が搭乗でき、雨除けのために天井が付いているタイプが一般的。キャディバッグの積み込みや移動面以外にも、目土袋やクラブについた汚れを取るための水、コースガイドなど、プレーに必要となるものが車載されている。 キャディ付きでのプレーの場合はキャディが主に運転をしてくれるが、セルフプレーの場合は自分でカートを動かしながらプレーをしなければならない。コースによって乗り入れて良い場所・ダメな場所があったり、カートの種類によって操縦方法が異なる場合もあるため、安全にプレーするためにも、カートについての知識を頭に入れておく必要があるだろう。

ゴルフカートで走っていい場所は?

ゴルフカートで走行できる場所は、整備されたカート道しか走行を許されていないゴルフ場と、それに加えてフェアウェイの走行が可能なゴルフ場の2パターンがある。これはゴルフ場によって違うため、スタート前にチェックしておく必要がある。

ゴルフカートの種類

ゴルフカートの操縦方法は、主にゴルファー自らが運転する「自走式」と、リモコンで簡単に操作ができる「自動式」の2つに分かれる。 自走式ゴルフカートは、ハンドルやアクセル、ブレーキ、前進と後退を切り替えるレバーがついていて、基本的な運転法は乗用車と同様。フェアウェイの乗り入れが可能なゴルフ場では、走行ルートが一定でない場合がほとんどなため、自走式を採用している。

安全面を配慮し速度は出過ぎないようになっているが、それでも後述の自動式カートに比べれば速度は出せる。コースによってはカート道の側面が崖になっていることも多いので、公道を走るときと同様に、周囲の状況に気を配りながら運転を行う必要がある。 自動式ゴルフカートは、カートに付属したリモコンで遠隔操作が行えるタイプ。リモコンのボタンは1つのタイプが多く、これで走行と停止を切り替えることができる。自走式と同様にハンドルやアクセル、ブレーキ、レバーも付いているが、プレーヤーが操作できないような措置が施されている。 ゴルフ場のカート道は起伏やカーブも多いのにもかかわらず、簡素な操作で運転を行えるのは、地中に埋設された磁力の誘導線を感知して走行する「電磁誘導式」を採用しているから。そのため走行ルートはあらかじめコース側によって決められていて、誘導線(ほとんどの場合、カート道に埋設されている)に沿うように進行する。速度は自走式カートより遅い場合が多く、ハンドル操作の必要もないため、安全性は高い。 種類によっては、前組のカートを前方に認識すると自動的に走行を停止する機能が付いている場合もある。ただし、最新の乗用車のように前方の人や障害物を認識する機能は付いていない場合が多いので、リモコン操作だからといってカートから離れたところから操作するのは危険。自走式と同様に、カート周囲の状況には気を配る必要がある。

【関連記事】