Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元極道が“専業主夫”として奮闘する「極主夫道」 「玉木宏さんのイメージが崩壊した」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エンタメOVO

 玉木宏が主演するドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の初回が、11日に放送された。   おおのこうすけ氏の同名漫画をドラマ化した本作は、裏社会で数々の伝説を残した最凶の極道・龍(玉木)が、極道から足を洗って“専業主夫”となり、愛する家族と町を守るために奮闘する様子を描く痛快コメディー。  第1話では、掃除・洗濯・料理と、全ての家事をこなす専業主夫として、妻の美久(川口春奈)や、娘の向日葵(白鳥玉季)と平穏に暮らす龍の元に、元舎弟の雅(志尊淳)が訪れ、組に戻ってほしいと懇願する。  放送が始まるとSNS上には、「玉木宏さんは龍さんが似合うなー」「原作の大ファンだから楽しみに見てる!」「みんな、キャラが濃過ぎ」「竹中直人さんに橋本じゅんさんもそろって、面白い予感しかしない」「主婦の生活の知恵も学べていい」などの投稿が上がった。  また、こわもての龍が喫茶店でパフェを注文し、一口食べるごとに変顔を決めるシーンが放送されると、「玉木宏さんのイメージが崩壊した!」「最高に面白い」「龍のギャップがすご過ぎる!」などのつぶやきで盛り上がった。  放送終了後には、「極主夫道が面白過ぎた」「漫画とは別作品だけど、十分楽しめる」「原作知らなかったけど、めっちゃ楽しめた! 日曜が楽しみになった」「玉木宏の顔面と、原作通りのシュールさも伝わってくるので最高に楽しい」「ドラマはドラマでオリジナリティーがあっていい」などの感想の声が上がり、「♯極主夫道」が、Twitterでトレンド1位になるなど、大きな反響を呼んだ。

【関連記事】