Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松山英樹が国内自粛期間終え渡米「多くの方々に感謝します」

配信

ゴルフ情報ALBA.Net

米国男子ツアーで戦う松山英樹が28日、渡米した。同ツアーは6月11日の「チャールズ・シュワブ・チャレンジ」から再開されるが、今後の日程は慎重に検討するとのこと。 3月に撮影した松山英樹の最新スイング【解説つき連続写真】 3月の「ザ・プレーヤーズ選手権」初日を首位発進しながら、大会自体がキャンセルとなってから2カ月半。一時帰国していた松山は、新型コロナウイルスの感染対策に細心の注意を払いながら、練習に取り組んでいたと事務所が発表した。 事務所を通じて松山は以下のコメントを発表。「 PGA ツアーのシーズン中断を受け、3月から日本国内で過ごしていました。シーズンが再スタートすることを受け、アメリカでの調整を再開することに致しました。現地での自主隔離をはじめ、現状では生活面においても不透明なことも多く、不安もありますが、試合に向けた万全の準備を整えたいと思います」と、米国到着後、来たる自身の再開戦に向けて調整を重ねる。 また松山は、「日々、新型ウイルスと闘ってくださっている医療従事者の皆様をはじめ、多くの方々に感謝致します。 プロゴルファーとして、感染防止に努めながら、国内外のファンの皆様にいいニュースが届けられるよう、頑張りたいと思います」と、感謝の言葉を寄せた。 (撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】