Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

斎藤雅、斉藤和、田中将大……平成以降20勝を挙げた中で最も凄い投手は?

配信

週刊ベースボールONLINE

 投手の分業制が進む中、シーズン20勝を挙げるのは至難の業と言われている。1980年代までは先発投手が中4日で登板するのが日常だったが、その後は故障のリスクを考慮し、先発ローテーションを5、6人で組んだ中5、6日の登板間隔を空けて登板するのが主流となった。15勝に到達する投手も少なくなる中、平成以降に20勝を挙げた投手は7人。球史に名を刻んだ成績を振り返ってみよう。 週ベユーザーが選んだ!「最強エース」はこの投手だ!!

・西本聖(巨人、中日、オリックス)  ■1989年 30試合登板、20勝6敗、防御率2.44、勝率.769 ※通算504試合登板、165勝128敗17セーブ、防御率3.20、勝率.563  内角をえぐるシュートを武器に1980年から6年連続2ケタ勝利をマーク。81年には18勝を挙げて沢村賞を受賞した。ライバルとしてエースの座を競い合っていた江川卓が87年限りで引退すると、88年は4勝に終わり、中尾孝義との交換トレードで加茂川重治と中日へトレード移籍。移籍1年目に20勝を挙げる大活躍で巨人・斎藤雅樹とともに自身初の最多勝のタイトルを獲得した。 ・斎藤雅樹(巨人) ■1989年 30試合登板、20勝7敗、防御率1.62、勝率.741 ■1990年 27試合登板、20勝5敗、防御率2.17、勝率.800 ※通算426試合登板、180勝96敗11セーブ、防御率2.77、勝率.652  平成で唯一の2年連続20勝をマークした。89年には11連続完投勝利の日本記録を達成し、最多勝、最優秀防御率、平成初の沢村賞を受賞。90年も8試合連続完投勝利を挙げるなど最多勝、最優秀防御率、最高勝率、最優秀選手とタイトルを総ナメにした。サイドスローから140キロを超える直球、切れ味鋭いスライダー、シンカーを武器に「平成の大エース」と呼ばれた。

・上原浩治(巨人、オリオールズ、レンジャーズ、レッドソックス、カブス) ■1999年 25試合登板、20勝4敗、防御率2.09、勝率.833 ※NPB通算312試合登板、112勝67敗33セーブ23ホールド、防御率3.02、勝率.626 ※MLB通算436試合登板、22勝26敗95セーブ81ホールド、防御率2.66、勝率.458  1999年に逆指名で巨人に入団。毎週日曜日に登板する先発ローテーションが組まれたため、「サンデー上原」と呼ばれた。5月30日から9月21日まで、歴代4位タイの15連勝を記録。新人投手で1980年の木田勇以来19年ぶりの20勝をマークした。巨人で活躍後は、13年にレッドソックスで日本人初のリーグチャンピオンシップに輝くなど救援で活躍。日米通算100勝100セーブ100ホールドは史上初の快挙だ。

【関連記事】