Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【レパードS】ラインベックの評価は?鍵を握るのはユニコーンSとジャパンダートダービー PP指数で今年の3歳ダート路線を紐解く!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SPAIA AI競馬

最もレベルが高かったのはユニコーンS

今年で12回目となるレパードSは、ユニコーンS、ジャパンダートダービーに続く、3歳馬限定のダート重賞の最終戦。トップクラスはGIのジャパンダートダービーを目指すことが多いため、レパードSは例年、「ジャパンダートダービーの敗者vs距離を嫌ってジャパンダートダービーに出走しなかったユニコーンSの出走馬vs上がり馬」の対戦図式となる。 【エルムステークス 2020直前予想】札幌ダート1700のヒミツのデータを発見!狙うべき馬とは!?(京大RC・SPAIA編集部編) 今年のジャパンダートダービーは、ダートで3戦無敗、ユニコーンSでは緩みないペースを2番手追走し、後続を引き離して完勝したカフェファラオが大本命の扱いを受けたものの、7着に大敗。3歳ダート路線はそれまで比較的に順当サイドの決着だったが、レパードSは一気に波乱度が高まった。その理由として、ジャパンダートダービーの優勝馬が、鳳雛Sで14着と大敗を喫したダノンファラオだったことも影響しているだろう。 これらの要因がユニコーンSやジャパンダートダービーのレベルを曇らせるが、今年の3歳ダート路線で最もレベルが高かったのは、ユニコーンSで間違いない。実際にユニコーンSでカフェファラオが記録した指数は「-29」で、同馬に0.8秒差離された2着馬が、青竜Sの勝ち馬でもあるデュードヴァン。今回のメンバーの中では、能力値は1位である。 カフェファラオがジャパンダートダービーで敗れたのは、休養明けで古馬重賞クラスの指数を記録したために、二走ボケを起こしたと考えるのが順当だろう。他にも敗因があるが、それはミヤジコクオウの項目で説明する。 またジャパンダートダービーも、優勝馬のダノンファラオが3着馬キタノオクトパスを1.3秒差も離しているように、ユニコーンSに次ぐハイレベルで指数は「-28」。ダノンファラオが鳳雛Sで14着に敗れたのは、例年よりもタフな京都のダートで前半4F47.4-後半4F51.1という超絶ハイペースに巻き込まれたことによるものだ。 もちろん、兵庫チャンピオンシップが目標で、そこで2着と好走した疲れもあっただろう。同馬とのマッチレースを制したバーナードループは、次走のジャパンダートダービーでは8着に敗れている。また、ジャパンダートダービーの2着馬が、鳳雛Sでも2着だったダイメイコリーダだったことからも、ジャパンダートダービーはレベルが高く、また、鳳雛Sもそれなりのレベルにあったことを証明してくれている。

【関連記事】