Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

西武ヤフオク!に出品 野球道具でチャリティー活動

配信

西日本スポーツ

 西武は25日、新型コロナウイルス感染症治療などの最前線で奮闘する医療従事者への支援や医療提供体制の整備を目的にチャリティー活動を行うと発表した。辻監督、松坂、源田ら9人の野球道具をヤフー株式会社が運営するチャリティーオークションサイト「ヤフオク!エールオークション」に出品した。 【写真(7枚)】西武チア「ブルーレジェンズ」新メンバー勢ぞろい!  このオークションサイトは、ヤフー株式会社が新型コロナウイルスの影響に対する活動支援を目的に設けたもので、辻監督のビジターユニフォームや源田のバットなど、計10点を出品。商品の利益は「埼玉県新型コロナウイルス感染症対策推進基金」に寄付し、同基金を通じて、医療機関の活動支援など医療提供体制の整備を目的とした事業などへの費用に充てられる。  販売期間は31日まで。また6月8日から14日(日)までの期間で2回目の実施も決まっている。主将の源田は「新型コロナウイルス感染拡大の影響で、日々感染リスクへの不安を抱えながら奮闘されている医療従事者の方々の厳しい状況を受け止め、僕たちが何か支援できることはないかと検討し、チャリティーオークションに出品することになりました。ぜひ、お家でこのチャリティーオークションにご参加いただき、皆さまと僕たちの気持ちを合わせて、医療従事者の皆さまへ届けられたらと思っています。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。一日でも早く収束することを願って、共にこの困難を乗り越えましょう」とコメントした。

西日本スポーツ

【関連記事】