Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新庄剛志「プロ野球復帰宣言」1スイングで時代を変えられる

配信

SmartFLASH

 阪神、日本ハム、メジャーでプレーし、記録より記憶に残る選手としてファンを魅了した新庄剛志(48)。2019年11月、インスタグラムで “現役復帰” を宣言して、世間をザワつかせた。 【写真あり】チャンネル「新庄造園」でバッティングや送球のテクニックを披露  現在は、インドネシアのバリ島に在住。かつて「宇宙人」とも呼ばれた新庄に、前代未聞の挑戦への決意を直撃した。 「2019年に、YouTubeとかインスタで野球を教え始めたんですが、教えるとなると、体を動かすじゃないですか。すると、『相変わらず肩が強いな』って言われるわけ。  そしたらある日、朝起きて2秒後に、『もう一度プロ野球選手になろう!』って閃いたんです。これまで人生で決断する際は、勘と経験と度胸を大事にしてきましたが、インスタにアップした途端、一気に拡散しちゃって……。もう、やるしかないじゃないですか。  もともとスポーツは、なんでも得意で、いちばん下手だった野球でプロになった。引退して13年、バリ島のジャングルで暮らしてみて、あらためて野球が好きだとわかったんです。  現役時代から、『人がやっていないことをやりたい』と考えていて、それが(1999年6月、巨人戦の)敬遠球サヨナラ打や、(2004年の)オールスター史上初の単独ホームスチールに繋がった。アラフィフになって、もう一度プロ野球選手を目指すというのも、その延長なんです」  復帰に向け、率直な気持ちを明かす新庄剛志。だが挑戦に対して、「さすがに無理」「無謀」との批判も少なくない。 「やっぱりアンチがいないと、プロ野球選手になったときの喜びが減るんでね(苦笑)。メジャー挑戦を決めたときも、『日本でたいした成績も残してないくせに、バカじゃないか』とか、いろいろ言われました。  でも俺は、『もっと言ってくれ』と。メジャーで打席に立ったときは、『ここで打ったら批判していた人は、どんな顔をするんだろう』って思ってね。俺は、どんなことでもポジティブに考えることのできるスペシャリストだから」  批判をバネにすることこそ、新庄流ポジティブシンキングの真髄だ。だがなぜ、そこまで前向きでいられるのか。 「経験ですよ。何かで落ち込んだとき、ずっと沈んでいてもしょうがないじゃないですか。どんな状況も楽しまないと。もう一度プロ野球選手を目指すと言うと、『話題を作ってカネ儲けか』と叩く人もいる。たしかに、それはあります。  だって、現役時代に貯めたつもりだった10億円単位のお金を騙し取られたんですから、稼がないとあかんでしょ(笑)。昔は高級マンションに住んで、フェラーリやベントレーに乗って、洋服だって好きなだけ買ってました。  それが今は、1泊1500円の6畳ひと間のアパートに住み(1カ月住むと月3万円に割引される)、原チャリでショッピングモールに行って、7500円のプーマか9000円のアディダスか、どっちの靴を買うか迷っていますから(笑)。  でも、こういう生活も、やってみたらおもしろい。俺の人生は、山あり谷ありドブあり。前を向くしかないじゃないですか」  復帰実現の可能性は、「1%あるかないか」と言いつつ、宣言以来、毎日欠かさずトレーニングをおこなっている。最近は、SNSなどで積極的にファンと交流し、“浦島太郎状態” だった日本のプロ野球の情報も手に入れつつある。復帰に向けて、ここからのプロセスを、どう考えているのか。 「こっちから売り込むし、球団からオファーがあるかもしれない。なければオフのトライアウトに参加するし、やり方はいろいろ。実際に、レギュラーを狙えそうな球団も見つけたしね。 (復帰を果たして)俺が打席に立てれば、1スイングで時代を変えられる。自信? ないと思うのが最大の敵だし、なかったらやってないですよ」  復帰先は、NPB(セ・パ12球団)に限られるのか。 「それはそうでしょ。もちろん、球団側にもタイミングがあるのはわかってるし、地道に練習を続けて待つしかない。  ただ、みんな少し難しく考えすぎてないですか。野球は、打って走って捕って投げるだけ。サッカーみたいな持久力はいらないんです。1塁までは30mもないし、守備でも毎回ボールが飛んでくるわけではない。  あとは、生きたボールを打てるかどうかだけど、俺は感覚を掴むのは早いから。体力的にはそんなにしんどくないし、現役選手で俺より足の遅い選手なんて、いっぱいいるでしょ。デブのホームランバッターとか(笑)。  俺を獲れば(ファンもメディアもスポンサーも)いっぱい連れていくのに、みんな何を迷ってるんですかね」

【関連記事】