Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

セレブの笑顔スナップから“ホンモノ”と偽物を判定!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

自分や周りの人を幸せにする笑顔。しかし笑顔にも“ホンモノ”の条件があることをご存知だろうか? 「笑顔」を科学的・学術的に研究している、スマイルサイエンス学会代表理事の菅原徹さんが、セレブのスナップからジャッジ!

笑顔には“ホンモノ”と偽物がある。

「ひと口に笑顔といっても、大きく2種類に分けることができます。ひとつ目はホンモノ笑顔=デュシェンヌ・スマイル。そして、それ以外が作り笑いなどのノンデュシェンヌ・スマイルです。多くの人から『笑顔が素敵』といわれる人は、ホンモノの持ち主です」と、笑顔学の研究者として知られるスマイルサイエンス学会代表理事の菅原徹さん。 「デュシェンヌ・スマイルか否かは、笑顔に表出する黄金比によって数値的に算出することができます。そして真の笑顔には免疫力を高め、リフトアップになる、人も自分もよい気分にさせる、幸せを呼び込む、といったさまざまな効果があるのです」 なんと、ホンモノの笑顔はいいことづくめ! なかでも、数々のセレブの写真の中から菅原さんが「完璧です」と選んだデュシェンヌ・スマイルのお手本は、ドラマ「ゴシップガール」で一躍、人気女優となったブレイク・ライブリー(写真上)の一枚だ。 「笑ったとき、両目の目尻までの距離と目尻と口角をつなぐ四角形の縦横比が、美の黄金比である1:1.618に限りなく近づくこと、それがデュシェンヌ・スマイルです。彼女の笑顔は、ほぼ黄金比ですね」 また、コミュニケーションにおいても絶大なパワーを発揮するのだそう。 「デュシェンヌ・スマイルは人から好感を持たれます。それによって、日常的にプラスの出来事が起きるようになります。なぜなら笑顔を見ると、脳の共感細胞であるミラーニューロンの働きによって、自分もつられて自然と笑顔になる。そして笑顔になると、脳のA10神経群が刺激されてポジティブな感情になる。加えて、表情筋の刺激がドーパミンやエンドルフィン、セロトニンなどの快楽物質を分泌するので、相手もとてもいい気分になるのです」 その結果、頼み事を快諾してもらえる、などの些細なラッキーから、ビジネスシーンであれば交渉や契約がスムーズに進む、といった“現象”が起きるのだ。 このデュシェンヌ・スマイルは「表情筋のトレーニングでできるようになる」と菅原さんはいう。 「笑顔がぎこちない人というのは、笑っているつもりでも表情筋が硬くてちゃんと笑えていないのです。目尻を下げ、口角と頬を引き上げること。鏡を見たら、思っていたほど自分が笑えていなかった人は、表情筋を意識的に動かすトレーニングが効果的ですよ」 <セレブの笑顔スナップを判定!>

【関連記事】