Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

モデルのナタリア・ヴォディアノヴァ、婚前契約の必要性を説く。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

ロシア出身のトップモデル、ナタリア・ヴォディアノヴァが婚前契約の必要性を説いている。現在、大手ラグジュアリーブランド創設者一族の一員であるアントワーヌ・アルノーと婚約中のナタリアだが、元夫で英国出身の貴族ジャスティン・ポートマンと結婚する際も、事前に資産の分配方法について契約を交わしていたそうだ。そういった契約書はロマンチックでないことはないと前置きした上で、ナタリアは『タイムズ・ウィークエンド』誌にこう話す。 「長い間続く関係を築き上げるには、起こりうる全てのシナリオを話し合わなきゃいけない。お互いを愛しているなら、そして、たとえ別れることになっても愛し合いたいならね。そういった友好的な関係を守るには確固とした契約が必要。お金のことって悩みの種になるから、それを(契約書とともに)解決しておくことで、正しい理由で一緒に暮らすことができる。愛というね」 前夫ジャスティンとの間に12歳から18歳まで3人の子どもがいるナタリアは、アントワーヌと交際8年の間に6歳と4歳になる子ども2人をもうけ、今年1月に婚約した。「正直なところ、前の離婚の後、結婚を急ぐ気はしなかった。けど、この関係が非常に強固なものだって時が教えてくれた」という。 また新型コロナウイルスによるロックダウンを楽しく過ごしたそうで、「移動もせずこれだけ長く家族と1つの場所にいたのは10代の時以来だった。そしてこんなに寝たのも何年振りね。子どもたちは成長したけど、朝早く起きて、学校へ見送るようにしているの。でもロックダウンになって8、9時間と寝てることが出来て最高だわ」

【関連記事】