Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人の動きが止まって価格も暴落!!? 大荒れ中古車市場 いまは"買い"なのか"待ち"なのか? 

配信

ベストカーWeb

    コロナ禍によって4月は新車のみならず中古車の売れゆきも落ち込んだ。これにより中古車の需要が低迷して中古車価格にも影響が出ているという話もチラホラ。実際のところどうなんだ? 何かと異変が起きている中古車市場をレポート!  【画像ギャラリー】国内最大手の中古車情報サイト「カーセンサー」とリンク!!! 最新の中古車情報をギャラリーでチェック!!!   ※本稿は2020年6月のものです。中古車市場の状況は2020年4月のものを元としています 文:萩原文博、渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部 初出:『ベストカー』 2020年7月10日号

■4月販売台数は前年比約10%減少

   ●中古車価格は下落中!    ちょうど、この原稿を執筆する直前に新型コロナウイルス蔓延による非常事態宣言が解除された。宣言されたのが4月7日で約1カ月半の間、経済活動は大きく停滞してしまった。   当然のことながら、自動車業界もダメージを負っている。生産工場が止まり、販売店も3月の年度末の大需要期を迎えているにもかかわらず、外出自粛によって販売台数は例年から大きく下がった。   日本自動車販売協会連合会が発表した登録台数データを見てみると、登録車+軽自動車の新車販売台数は2020年3月の大需要期は対前年比90.7%の58万1430台で収まったが、緊急事態宣言が発令された2020年4月の販売台数は27万391台で対前年比71.4%と大幅にダウンした。   もともと4月は需要期後なので、数字が低くなりやすいのだが、27万台という数字は1年を通じて見たことがないほど低い数字だ。このまま行くと5月はさらに低い数字となるのは確実だ。   一方、中古車も新車ほどではないが、新型コロナウイルス感染拡大の影響が出ている。2019年が好調だったこともあるが、2020年1月の対前年比は98%、2月は93.6%と前年割れとなった。   しかし大需要期の3月は少々盛り返し96.6%まで挽回。とはいえ、需要期後の4月は対前年比90.2%と再び大きくダウン。緊急事態宣言の延長、そして毎年、登録台数が減少する5月はさらにダウンする可能性は高いといえるだろう。   ウイルス感染の危険性が高いといわれる公共交通機関を避けて、クルマでも外出が増え、クルマも新しい生活様式の一部として見直されているという噂も耳にする。しかし、まだユーザーが実際にクルマ購入のアクションを起こすのは時間がかかりそうだ。  ●輸出ができないことで中古車価格が下落した車種も!    このことを販売店に聞いてみると「私の店では3月はほとんど、影響がなかったですね。4月になって一気にお客さんの動き、そしてオークションの動きも鈍くなりました。  資金力のない店は、緊急事態宣言が解除されても、なかなかお客さんが来ないことには、6月には在庫を一掃しないと運転資金が危うくなるということもありえますね。  オークションの動きが鈍いのは国内市場の停滞も影響していますが、やはり世界的なウイルス感染によって外国で港がロックダウンしているため中古車を輸出できないことの影響が大きいかもしれません」と話してくれた。   中古車の輸出というとR32スカイラインGT-Rなど25年ルールによる中古車の海外流出を思い浮かべるだろうが、それは中古車の輸出の氷山の一角にすぎない。   新車、中古車問わず、トヨタアルファード/ヴェルファイアはアジア圏では大人気となっているし、スリランカではトヨタプレミオ/アリオンは高級車として非常に人気が高いし、ホンダフィットシャトルハイブリッドなども人気だ。   さらにオーストラリアではマツダアテンザ、ニュージーランドでもフィットやスイフトなどの中古車が人気で日本から中古車がどんどん輸出されているのだ。   しかし、輸出がストップして海外へ高値で売れていた人気の高いクルマの中古車相場はだいたい平均20万円ダウン。海外でも人気の高いアルファード/ヴェルファイアの未使用車に至ってはオークションで100万円もダウンした。   アルファード/ヴェルファイアの中古車は流通量も増えて通常であれば相場は下がるはずだったが、中古車のなかでも高値がつく未使用中古車が国内に残って店頭に並んだことで、相場は横這いをキープする現象も起きた。   そもそも、中古車は新車のように定価がないため、需要と供給のバランスによって価格が決まる。まるで株式のようなもので、常に相場は変動するのだ。需要が止まり供給過多となっている現在、一体中古車は買いなのかそれとも待ちか、どちらだ。

【関連記事】