Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

SixTONESとTravis JapanがYouTube見せた確かな友情 “やんちゃキャラ”と“優等生キャラ”の好相性を読む

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 人気ジャニーズグループのSixTONESとTravis Japanのコラボ動画第2弾『ダンスしりとり 』が、それぞれ『ジャニーズJr.チャンネル』(前編)、『SixTONES』の公式チャンネル(後編)でアップされた。 【写真】小手伸也とフォーメーションダンスを踊るTravis Japan  先週、『アラームゲーム対決』動画で、心理戦を繰り広げながら「実は同じオーディション出身」「実は一緒にランニングする仲」など、交友関係を明かした2グループ。今回は、ダンススキルに定評のあるTravis Japanに、SixTONESが「俺たち、踊りだっていけるんだぜ!」と真っ向勝負を申し込む。  『ダンスしりとり』のルールは簡単。リズムに合わせて順番にフリーのダンスを披露。前の人の動きを覚えながら、自分の振り付けを足して、長くつなげていく。もし前の人のダンスを忘れたり、間違えたり、あるいは自分の振り付けが浮かばず、リズムに乗り切れなかったときには脱落となる。罰ゲームには、激苦のアロエジュースが待っている。  そして13人のうち10人が脱落したら、ゲーム終了。残った3人のうち、割合が高かったグループの勝ちとなる。もちろん第1弾の動画からもおわかりのように、SixTONESとTravis Japanの対決は、勝敗を決めることにはほとんど意味がない。目的は、このメンバーで遊ぶということそのものなのだ。そして、その楽しむ姿から改めて2グループの魅力が鮮明に見えてきた。 ■全員が笑いに貪欲なSixTONES  SixTONESは、隙きあらば笑いを奪っていこうと、1人ひとりが前のめり。MCの田中樹が開会の挨拶を松村北斗に振ると、その後ろに森本慎太郎がぴたりとつく。そして、松村が「行きます……せーの」とキメようとした、その瞬間「(甲高い声で)レッツゴー!」と美味しい場面を奪っていく。振り返らずとも森本がやらかしたのを察した松村は、そのまま真顔で対抗。ふいに訪れた無言の時間にTravis Japanメンバーは吹き出してしまう。だが、SixTONESにとっては日常風景。京本大我はなぜか満足そうに拍手をし、ジェシーは前で高地優吾(※高の正式表記はハシゴダカ)は後ろでそれぞれ手を組んだまま微動だにせず。田中はすでに次の進行へと意識を集中させている様子だ。本筋が始まる前から、そんな様子のSixTONES。  いざ、『ダンスしりとりバトル』がスタートした後も、ただでは脱落していかない。オシャレ過ぎるジェシーは靴のヒモを丁寧にほどいてリズムに間に合わず脱落。そして森本は、威勢のいい声を出しながら「これ、右足下げてー?」と、急にリズムを無視したいつもどおりに振り覚えを始めるボケを我慢できず脱落。アロエジュースもジェシーの悪ノリに応えて、熱そうに飲んで見せるなど、一瞬も無駄にしないバラエティ魂を見せてくれる。さらに、ノリノリで登場した京本は、勢いよくダンスするのだが、ガッツリ前の振りを忘れるな天然っぷりで笑いを誘う。極めつけは、先ほど森本に見せ場を奪われた松村だ。クネクネと動きたらと思いきや「ああ~、あぁ~~」と突然何かに苦しみ出して、そのままOUTに。  あれよあれよと4人が脱落し、残るは田中と高地のみ。すると、田中までも前の人の振りを忘れて脱落。するとアロエジュースには耐性がある田中のために、急遽スタッフがノニジュースが用意されるという嬉しくないサプライズで、大盛り上がり。あっという間に、高地のみになってしまったSixTONES。もはや1人になってしまった時点で勝負ありなのだが、先述したようにこのバトルの目的はそこではない。このまま高い地1人でTravis Japanに挑み続けることに……。 ■全員で笑いたいTravis Japan  SixTONESが激しいボケ合戦を繰り広げる一方で、Travis Japanは今日も平和だ。最初の脱落者となったのは松倉海斗。特にボケたわけでもなく、シンプルに失敗してバツが悪そうな松倉。そのそばにサッと寄ってきたのは、リーダーの宮近海斗だ。「あの、コイツ本当にこれ下手なんです」と宣言することで、みんなが笑える空気を作っていく。コクコクと頷く松倉に、ジェシーも「でもいいヤツなんだよ!」と助け舟を出して、さらに笑いが溢れる。  続いて、手の細かな動きを間違えて脱落した七五三掛龍也にも、宮近は「自分的にはどうだった?」と問いかけて、コメントを引き出していく。すると「自分的にはギリOK!」と、まさかの激甘な言葉が返ってきて、思わず笑ってしまう一同。さらには、川島如恵留が「Travis Japan2人落ちてるけど、(奇抜な振り付けばかりをする)SixTONESのせいだからね!」と弁護。確かに、SixTONESメンバーが考える振りは、いずれもダンスとは呼べないおもしろな動きばかり。メンバーのプライドを守りながらも、ボケたがりのSixTONESのいいところにも注目がいくように、という川島のバランス感覚の良さを感じさせる一コマだ。  また中村海人は、吉澤閑也がアロエジュースを飲んだ勢いでギャグをお披露目すると、後ろのほうで1人手をたたいて大ウケする姿が映し出される。さらに、松田元太がTravis Japanの持ち歌である「夢のHollywood」の振りを取り入れると、続けて「Dance With Me~Lesson1~」の振りで応えるなど、士気を高めていく姿が印象的だった。正統派な振り付けで実力を惜しみなく出すTravis Japanに対して、奇策で1人踏ん張り続ける高地。もうとっくに勝敗はついているのだが、それでも最後まで手を抜かないのもTravis Japanの誠実さを感じさせる。最終局面で、宮近は靴が脱げずに踊れなかったジェシーの案を採用する、いい後輩っぷりも披露。すると、まさかのその動きに高地がついていけず脱落となってしまう。  結局、残った3人全員がTravis Japanという圧勝で幕を閉じたものの、「ちょっと鍛え直して、もう一度……明後日ぐらいにリベンジしたい」(田中)と、まだまだボケたがりなSixTONES。続けて田中が提案した「花火をどっちが遠くから撮れるか」は、実は過去にSixTONESがやった企画なのだが、ジェシーは「やったことないよね!」とボケをかぶせていく。たまらず「え、誰もツッコまないの?」とツッコむ川島。きっと、こんなふうに正統派なリアクション、打てば響くTravis Japanだからこそ、SixTONESは絡みたくてしかたなかったのだろう。Travis Japanならジャニーズアイドルの王道を見せてくれる、だからこそSixTONESの自由さが際立つ。例えるなら“やんちゃキャラと優等生キャラが実は仲良しだった“という漫画のような関係性。ぜひ、2グループの間に確かにある尊い友情を、今度も育んでいくさまを定期的に見せてほしい。

佐藤結衣

【関連記事】