Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナの影響で足止め モンゴル代表チーム4カ月ぶりに帰国へ 静岡・焼津市

配信

静岡朝日テレビ

 モンゴルのパラリンピック陸上競技ナショナルチームが、静岡県焼津市の中野弘道市長のもとを訪れ、4カ月に及ぶ合宿への支援を感謝しました。選手たちは2月から3月までの間、市内で強化合宿を行う予定でしたが、新型コロナの影響による航空機の運航停止などで帰国できなくなり、その後も合宿を続けていました。  チームを代表して、ビャンバジャブ・エンフバートル監督は「市民のおかげで寂しくならず練習できた。第二のふるさとが焼津となった」と挨拶しました。  一行はあすモンゴルに帰国します。