Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「気持ち悪い」から「SNS大喜利」に転化…大阪万博ロゴマークの生みの親も感動「この現象こそアート」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 2025年の日本国際博覧会(以下、大阪・関西万博)のロゴマークが、SNSで大きな広がりを見せている。アマチュアクリエイターたちの手により、ゲームやアニメ、さらにはキャラクターソング、ぬいぐるみまでが作られ、SNSはお祭り状態に。当初こそ「気持ち悪い」などネガティブな声もあった同ロゴマークだが、だんだんと「なんか可愛く見えてきた」と親近感を抱く声も多く見られるようになった。同作品の“生みの親”はこうした周囲の動きにどんな想いを抱いているのか。アートディレクター・シマダタモツ氏に聞いた。 【画像】他にはどんな候補が?『大阪・関西万博 ロゴマーク』最終5作品 ■賛否両論からのSNS大喜利、「“公式”ではないところの遊び心がすごくいい」  2025年の大阪・関西万博の公式ロゴマークが決定したのは、8月25日のこと。「いのちの輝き」をテーマに、「セル(細胞)」を意識した赤い球体が連なる作品で、1970年大阪万博のDNAを受け継いでいるという。Twitterでは、発表とともに関連ワードがトレンド入り。「面白い作品だな」、「遊びがある」といったポジティブな声の一方、「怖い」、「気持ち悪い」、「ゲームのボスにこういう奴いた。トラウマだわ」などのネガティブな声も上がり、賛否両論真っ二つの様相を呈していた。  このロゴマークを作ったのは、シマダデザイン(大阪市浪速区)のデザイナーらで構成する「TEAM INARI」。その代表がシマダタモツ氏だ。1965年生まれで大阪出身。主な作品に朝日放送株式会社(ABC)のロゴマークなどがあり、88th NY ADCポスターデザイン部門・ブックデザイン部門でGOLD CUBEなど数多くの受賞歴もある。シマダ氏は、これらSNSやネットの反響について、「賛否が両極端だったのが、すごく面白いと思いました」と振り返る。  「『気持ち悪い』という言葉も、興味を持ってもらわないと出てこない言葉じゃないですか。それがまず、うれしいですね。また、小さいお子さんからの反応はいいようで、小学校でもその話題で1日盛り上がったと聞きました。次世代の子どもたちに人気ということは、とてもうれしいことです」(シマダ氏/以下同)  発表後わずか数時間で、ロゴを元にしたイラストやアニメ、ゲーム、キャラソンなどのアレンジ作品がSNSに殺到していたことも、もちろん把握している。  「ちょうどロゴ決定記者会見の後、スタッフと食事会をしていたときに見ていたんです。わずかな時間にいろんな派生作品が出来上がっていく、そんなデジタル世代ならではのスピード感に驚きましたし、“公式”ではないところの遊び心もすごくいい。皆で食事をしながら、『こんなのも上がってる!』など盛り上がりましたね(笑)」

【関連記事】