Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NY原油一時1.5%安-米で再び感染拡大兆し、需要回復に懐疑的見方

配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): ニューヨーク原油先物相場は、アジア時間22日朝の取引で一時1.5%反落した。米国ではカリフォルニア州などサンベルト地帯の各州で新型コロナウイルス感染が再び拡大する兆しが強まり、原油需要の回復の勢いに懐疑的な見方が広がった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)7月限は、シドニー時間午前8時7分(日本時間同7時7分)時点で 47セント安の39.28 ドルで取引された。

原題:Oil Slips as Signs of Virus Resurgence Cloud Demand Outlook(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

James Thornhill

【関連記事】