Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

児童、生徒に機能性マスク 小松マテーレ開発、野々市市など購入

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北國新聞社

 野々市市は3日、市内7小中学校の全児童、生徒に対し、小松マテーレ(能美市)が開発した布製マスク「ダントツマスクール」の配布を始めた。同社によると、マスクは接触冷感や消臭、抗菌などの特徴を備え、夏場でも快適に着用できる。市が熱中症防止のために1万240セットを同社から購入した。

 野々市市富陽小では、教諭が通知表とともに、マスクとマスクインナーのセットを保護者に手渡した。4日にも配る。同校では、登下校や学校での活動の際などに児童にマスクを活用してもらう。

 野々市市のほか、白山市と津幡町も児童、生徒用にダントツマスクールを購入し、配布した。

北國新聞社