Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「宇宙でいちばんあかるい屋根」清原果耶と伊藤健太郎、桃井かおり見て“大人”目指す

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
映画ナタリー

「宇宙でいちばんあかるい屋根」の初日舞台挨拶が、本日9月4日に東京・新宿バルト9で開催され、キャストの清原果耶と伊藤健太郎、監督の藤井道人が登壇した。 【写真】左から藤井道人、清原果耶、伊藤健太郎。(メディアギャラリー他14件) 野中ともその同名小説を映画化した本作は、悩める14歳の中学生・大石つばめと、謎の老女・星ばあが過ごすひと夏を描く物語。清原がつばめ、桃井かおりが星ばあに扮し、伊藤は音楽を愛する大学生・浅倉亨役を務めた。 イベントではまず、ロサンゼルスにいる桃井からのビデオメッセージが上映された。桃井は会場に駆け付けられなかったことを侘びて「星ばあだったら飛べるんですけどね。桃井、映画が終わったら全然飛べないので」と話し、伊藤へ「伊藤くんがんばってね。監督とつばめ(清原)に任せとくとちょっと暗くなっちゃうからね」と告げて笑いを誘う。そして清原へは「また現場で会えることを楽しみにしてます。長生きするから」と、藤井へは「キャスティングに困ったときはまた呼んでください。男の役かなんかがいいです。監督の作品は断りません!」とメッセージを送った。 司会から、「今日から俺は!!劇場版」で演じた役とのギャップについて聞かれた伊藤。「全然違いますよね。『今日から俺は!!』みたいなインパクトが強い役はわかりやすいですが、亨のような普通の男の子役ってすごく難しい。演じるために、近所にいたかっこいいお兄ちゃんのことを思い返したりしました。悲しいとき、苦しいとき、楽しいとき、いろんなことを包み隠さず出している人が“普通”に近いのかな」と役作りについて語った。 また清原は以前、伊藤の印象について「やわらかな波をまとった人」と表現していたそう。伊藤が「取材で清原さんの印象を聞かれたんですが、僕にはそういう素敵な語彙力がなかったので困ってしまって……。先にそういうこと言うの、ずるいよ!」と嘆くのを見て、清原は「失礼しました(笑)。優しい近所のお兄ちゃんって感じでした」と言い直す。改めて清原の印象を表現できるかと問われた伊藤は「当たり前じゃないですか!(笑)ちょっと待ってくださいね……やっぱり、清原さんは……素敵な光をまとっている」とたどたどしく答えて笑いを起こした。 ここで清原と伊藤が、それぞれ毛筆でしたためた“今、自分にとって宇宙一染みる言葉”を発表。「初日」と書いた清原は「今日を迎えられて本当によかったと、心から思っていて。今日がないとこれからが始まらない、大事な日でもあるので」と説明する。彼女の達筆ぶりに「僕、もう出したくないです……」と弱気になっていた伊藤は、星ばあのセリフである「しぶとく生きろ」と書いた半紙を広げ「疲れたとき、しんどいときにこの言葉を思い出すだけで乗り越えられそう」と話した。 ここで再びVTRで桃井が登場し、直筆の“染みる言葉”を紹介。劇中の言葉「大人になるとなんでも出来る」を挙げた桃井は、自身が50歳の誕生日に初めて逆上がりができるようになったエピソードなどを披露し「歳をくうことは、これからは“こじゃれたこと”になります」と力説する。藤井は「現場でも、大人な桃井さんにたくさんのことを教えていただいた」と、現在18歳の清原は「地道に、豊かな大人になれるようにがんばりたい」とコメント。「21歳の誕生日に大人になることをやめたんです。もう大人にはなれないと思って」と明かした伊藤は、桃井の話を聞いて「でももう1回大人を目指してみようと思います」と意気込んだ。 最後に清原は、観客に向けて「今日皆さんに観ていただけて、少し安心できたような感覚が、今やっと降ってきました。これからもっともっと、この作品がどなたかの心に届けばいいなと思いますし、皆さんの手で育ててあげてほしい」と挨拶。清原が歌う主題歌「今とあの頃の僕ら」のMVも監督した藤井は「ミュージックビデオはつばめちゃんの5年後を描いています。映画を観終わってからそのMVを観て、また新しい目線でこの作品を観ていただけたら」とアピールした。 「宇宙でいちばんあかるい屋根」は全国で上映中。 (c)2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会

【関連記事】