Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

入浴前の「5分準備」でワンオペ育児もラクラク!子育てテクニック紹介

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ベネッセ 教育情報サイト

赤ちゃんをお風呂に入れる際、保護者一人だけだとどうしても赤ちゃんから目を離してしまう時間ができてしまいます。赤ちゃんにとってお風呂は危険もありますので、大人一人でお風呂に入れる際は注意が必要です。そこで、大人一人でもスムーズにお風呂に入れるためのコツや事前準備についてご紹介します。

大人一人で赤ちゃんをお風呂に入れるための準備

大人一人で赤ちゃんのお風呂に入れる場合、大人が体を洗ったり髪を洗ったりしている間は赤ちゃんを抱っこすることができません。 そのため、大人が洗っている間に赤ちゃんが安全に待てるような環境を作ることが大切です。 大人一人で赤ちゃんをお風呂に入れる場合は、あらかじめお風呂場の前にバウンサーやハイローチェアなどを用意し、しっかりベルトをしめてあげることで、安全に待つことができます。 また、赤ちゃんを待たせるときは洋服や下着を脱がせやすいようにしておくこと、赤ちゃんがお風呂から上がったあとにすぐに支度ができるようお着替えを用意しておくこともポイントです。 そしてお風呂の中で使うタオルや石けん、お風呂上りにすぐに使うもの、おむつや下着などは、しっかり使いやすいようにして用意しておくと焦らずにすみます。

入浴5分前の準備:大人一人で赤ちゃんをお風呂に入れる流れ

まずは赤ちゃんがお風呂から上がった後に着る下着や洋服を用意し、すぐに着られるようにしておきます。 バウンサーやハイローチェアに赤ちゃんを寝かせ、ベルトを締めます。 保護者がお風呂に入っている間は、赤ちゃんの様子をちょくちょく確認したり、声掛けをしたりしながら様子を見てあげましょう。 保護者が洗い終わったら赤ちゃんをお風呂に入れて体や頭を洗ってあげます。 お風呂から上がる場合は、赤ちゃんをタオルにくるんでバウンサーやハイローチェアに座らせます。 赤ちゃんが落ちたりしないように様子を見てあげながら保護者が体を拭き、部屋を移動した上で赤ちゃんの保湿やお着替えを済ませ、保護者も着替えればお風呂が完了です。

大人一人で赤ちゃんをお風呂に入れる時に注意したいこと

大人が一人で赤ちゃんのお風呂に入れる場合に気を付けなければならないことは、何と言っても事故です。 保護者が髪や体を洗っている間、お風呂場の中や湯船の中で待たせた場合、事故が起こってしまう可能性があります。 また、赤ちゃんの肌はつるつるしているので、滑って落としてしまうということも気を付けなければなりません。 また、湯船につかる際は時間が長すぎると赤ちゃんがのぼせてしまいます。 赤ちゃんと湯船につかる場合は3分くらいを目安に上がるようにしましょう。

【関連記事】