Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ジャニーさんの最高傑作」少年隊が、“踊れない”SMAPや嵐よりも評価されている本当の理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

 少年隊の錦織一清(55)と植草克秀(54)が9月20日、今年12月31日いっぱいでジャニーズ事務所を退所する事を発表した。会見などをすることもなく、同事務所の公式サイトなどでひっそりと告知された。 《画像》日本中を虜にしたデビューしたての初々しい少年隊 《この度、弊社所属タレント錦織一清・植草克秀(少年隊)は、2020年12月31日をもちまして、ジャニーズ事務所所属タレントとしての活動を締め括り、新たな道へと進みますことをご報告申し上げます》  しかしながら公式サイトでは《ジャニーが生み育てた少年隊につきましては、その功績と少年隊そのものは残したいというメンバーの意向を尊重し、これからも所属グループとしてその名前を残すことといたしました》とも説明している。  ジャニーズ事務所に残留するのが東山紀之(53)だけで、今後の活動予定がないにもかかわらず、少年隊という名前を残す事が決定したのだ。

歌、踊りともに完璧な“ジャニーさんの最高傑作”

「1年にわたる騒動の揚げ句に2016年いっぱいで解散したSMAPや、1980年代に現在のジャニーズ事務所の基礎を築きながら1994年に独立した田原俊彦は、その名前を出す事さえはばかられる中、すごい事です。しかし一方で、少年隊の全盛期を知っている関係者らには当然のことのように受け入れられてもいます。少年隊は “ジャニーさんの最高傑作”ですから」(スポーツ紙記者)  若い世代の方はご存じないかもしれないが、当時の少年隊の人気は凄まじかった。  レコードデビュー前であるにも関わらず「夜のヒットスタジオ」(フジテレビ系)など音楽番組に出演。1982年11月には「ハワイ音楽祭」で金賞と振り付け賞を受賞。1983年には、3人が主演するドラマ「胸さわぎの放課後」(フジテレビ系)が2作放送され、1984年4月には東京・郵便貯金ホールで単独ファーストコンサートを行った。  1984年5月、ついにグループ名が「少年隊」になる。デビュー曲が待ち望まれるなか、1985年12月に「日本発、世界行」をキャッチフレーズにして、満を持して「仮面舞踏会」でレコードデビューを飾った。 「いい意味でバラバラだった田原俊彦、近藤真彦、野村義男のたのきんトリオの3人や、ほぼ同期で1982年にデビューしたシブがき隊とはレベルが違っていました。たのきんやシブがき隊が、若さを前面に押し出して歌唱力やダンスの正確さは問われなかったのに、少年隊は歌、踊りともに完璧なレッスンを受けてデビューした。ジャニーさんは少年隊にブロードウェイでミュージカルを鑑賞させたり、海外でダンスレッスンを受けさせたりしていたんです。キャッチコピー通り、“世界”を意識したレベルに仕上がっていましたよ。少年隊はジャニー氏の理想を実現した完璧なグループだった」(同前)

【関連記事】