Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子どもを肩車、キャットタワーが机代わり…「トホホな在宅デスク」で悩む人にピップがエール

配信

FNNプライムオンライン

洗面所にPC持ち込み…トホホなデスク大集合

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、テレワークを導入している企業は多いことだろう。 【画像】狭すぎる!階段を活用したデスクも… それに伴い「自宅にオンライン会議ができるスペースがない」などの問題も出てきているが、そのようなテレワークのための環境が整っていない「トホホな在宅デスク」を集めた、こんな動画が公開されている。 動画を作成したのは、「ピップエレキバン」をはじめとした医薬品・衛生用品の製造・販売を行うピップ株式会社。 ピップエレキバン・ピップマグネループの公式Twitterアカウントにて、「#トホホな在宅デスク」のハッシュタグで募集した写真をまとめたという動画だが、共感できる人もいるかもしれない。その中身をさっそく見ていきたい。 「家中どこでもデスク部門」にエントリーしたこちらのデスクは、よく見ると洗面台にノートパソコンが載っている。 見方によっては、手洗い・うがいがいつでもできる環境はメリットかもしれないが…どうにも不安定で落ち着かなさそうだ。 こちらは猫たちが登って楽しむ「キャットタワー」になぜかノートパソコンが載っており、さらに収納用のボックスらしきものをイス代わりにしたデスク。 「猫も人間も運動不足になっちゃいますね」とのコメントがついているが、たしかに遊び場所を奪われた猫たちから冷たい視線を浴びそうな予感がする。 「試行錯誤の高さ調節部門」では、ティッシュの箱や漫画雑誌を積んで、どうにかちょうど良い高さを保とうとした努力の跡が見えるが…イスが見当たらないため、もしかすると膝立ちの状態で仕事をしているのかもしれない。 さらに「そもそも家には居場所なし部門」では、自宅の屋上と思われるスペースに日傘を立てたり、テントを設置して無理矢理デスクスペースを確保した人も。 「※強風の日」という注意書きの入った写真には、風にあおられた後の様子も写っていて、これでは仕事どころではなさそうだ。 他にも、アイロン台や衣装ケース、階段などを利用したデスクが次々と登場。 動画の最後には「どんなデスクでも頑張る、全ての人のコリに。ピップはトホホな在宅ワーカーの皆さんを応援します」とのキャッチコピーが流れ、「ピップエレキバン」や「ピップマグネループ」など、コリをほぐす商品が紹介される。 この動画のほか、ピップは独自のインターネットアンケート結果も公表。 アンケートによると、2020年5月の段階で「直近3カ月以内に在宅勤務を実施した」という全国20~50代の男女136人のうち、「仕事用ではないデスク環境で在宅ワークをしている」という人は、半数以上の57.3%。 さらに、2020年3月の調査によると、全国20~50代の男女163人のうち「在宅勤務によって肩コリや腰痛を感じるようになったり、悪化した人」は74.2%と、無理な姿勢がたたってか、体に影響が出ている人が多いようだ。 たしかに、動画に登場したどのデスクも体がバキバキに固まってしまいそうで、ケア用品が必要になりそうなものばかり。 とはいえ、突然テレワークが始まってしまい、このような窮屈なデスクで仕方なく仕事をするしかない…という人も多いだろう。 SNSでも「リモートワークになってから肩コリが慢性化している気が…」「机の高さが合わないのか、腰痛がひどい」などの声が多数挙がっていたが、コリをほぐすアイテムは最後の切り札に残しておいて、「トホホ」な環境で少しでも体を労る方法はないのだろうか。 ピップ株式会社にお話を聞いてみた。

【関連記事】