Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ジョージ・フロイドの暴行死が浮き彫りにした、「黒人の地位向上」という幻想

配信

WIRED.jp

写真はわたしたちを現在という時間に固定する。ささいなことに見えるが歴史的かつ緊迫した瞬間を、特定の状況や文脈に結びつけるのだ。写真は問いを投げかけ、郷愁を呼び起こし、さまざまな方法でわたしたちの感情を刺激する。 写真家たちがとらえた「Black Lives Matter」 デジタルのイメージは、わたしたちの顔を素晴らしい景色の上に重ね合わせる。写真はそこに写し出されたものの重要さを測るためのものではないが、それでも特定のイメージが被写体について何かを暗示することはある。ひとつの場所にとどまらず心の奥底に引っかかる写真は、さまざまな状況や時間の流れ、そして人々をつなぐ交差点のような役割を果たす。 ここに、写真家のスティーヴン・マトゥーレンが撮影した抗議デモの参加者の写真がある。上半身裸の黒人青年が地面に膝をつき、マラソンのゴールの瞬間のように両腕を宙に掲げている。驚くべき広がりをもつイメージだ。 場所はミネソタ州ミネアポリスの第3管区である。黒人のジョージ・フロイド(46歳)が白人の警察官から暴行を受けて死亡した事件を受け、ここでは数千人規模の抗議集会が開かれた。

特に“珍しくない“事件

フロイドの死を招いた5月25日の事件は、米国では特に珍しいことではない。フロイドは地面に押さえつけられ、7分以上にわたって首を膝で圧迫され、最終的に窒息死したのである。 フロイドは自分を押さえつけていた警察官のデレク・ショーヴィンに対し、「プリーズ」と何回も繰り返した。「息ができない」。だが、その願いが聞き入れられることはなかった。 フロイドの不当な死も、ショーヴィンの黒人への憎悪も、特に意外なものではない。非営利の報道機関マーシャル・プロジェクトの調査報道で明らかになったように、ミネソタ州での警察改革が完全に失敗に終わったことは明らかだった。 マーシャル・プロジェクトの記者は、「いくらかの変化はあったとしても、警察当局には悪質な行為に加担する警官を処罰する力も意思もなかった」と記している。ショーヴィンはそうした警察官のひとりにすぎなかったのだ。

【関連記事】