Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

厄介な「目玉のバンカー」、どう打つのが正解? ゴルフ大好き芸人が美女プロに教わった

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ大好きなお笑い芸人ずん・やすは「安定して100を切る」が目標。さらなる上達のため、USLPGAティーチング会員の資格を持つ美女プロ・小澤美奈瀬のリモートレッスンを受講し、「目玉のバンカー」の打ち方についておさらいした!

目玉のバンカーはフェースを立てる

小澤:バンカーからのショットのなかでも、ボールが砂に埋まってしまった状態、いわゆる“目玉”からの脱出が難しい、というアマチュアの方は多いですよね。 やす:あ~、嫌です。通常のバンカーショットを練習する機会自体なかなかないのに、目玉ですもんね。 小澤:そうですよね。でも、状況をイメージしてシミュレーションする、という作業もゴルフでは大切ですよ。たとえば写真Aのような目玉のバンカーから脱出するなら、やすさんはどう打つのが正解だと思いますか? グリーン周りのバンカーで、残り距離は20ヤードくらいと仮定して考えてみましょうか。 やす:アゴの高さはどれくらいですか? 小澤:そうですね~、腰くらいの高さを想定してみましょう。 やす:高いな~! 僕は出ないですね、それ。でも、バンカーの打ち方は小澤先生に教えてもらったのを覚えてますよ。 小澤:お、では復習してみましょうか。 やす:フェースは開いて構えて、そのぶんだけスタンスもオープンに。ボールが体のセンターに来るように構えて、体重配分は左7:右3でしたよね。ボールの前後で、ボール1~1.5個分の範囲の砂を取るイメージで、ドスンと叩きつけるようなインパクトで打つ! 目玉もコレで脱出できるんじゃないですか? 小澤:素晴らしい、バンカーショットの打ち方は完璧です! なんですが、目玉のバンカー場合その答えは「△」です。 やす:え!? なにか変えなきゃいけないんですか。 小澤:目玉のバンカーの場合はフェース面を開いて上に向けず、ロフトなりに構える、もしくは少しロフトを立たせて構えるのが正解なんです。 やす:え~!? でもロフトを立てたら脱出できないんじゃないですか? だってアゴは腰の高さですよ? 小澤:たしかにバンカーショットは基本的に「フェースを開き、高さを出して脱出する」が正解です。でも目玉の場合はボールが通常より深く潜ってしまっている状態ですから、フェースを開いて打つとボールまでクラブが届くまでの砂の抵抗が強すぎて、うまく脱出できないんです。なので、フェースを立たせて少し上から叩き込むように打つのが正解です。 やす:へぇ~、そうなんですね。 小澤:スウィングのパワーも最大限まで出して叩いてしまいましょう。 やす:え、オーバーしちゃうんじゃないですか? 小澤:目玉だと思い切り叩いても飛距離は10~15ヤードくらい。全然飛ばないんですよ。フォロースルーを考えず、バンッと叩くのが正解ですね。 やす:ちなみにどんな弾道になるんですか? 全然イメージできないです。 小澤:真上にポーンと出ていくイメージですね。 やす:へぇ~! まさに“目玉からウロコ”でした。ありがとうございます!

みんなのゴルフダイジェスト編集部

【関連記事】