Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

わがままを叶えるロングドレスの着こなし術。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

暖かい日も増え、おしゃれ欲求が高まるこの季節。いよいよ着心地の良さとモード感を兼ね備えたロングワンピースの出番です。普段は専らパンツ派の若手編集Nも、どうやら在宅勤務を機に食指が動いている様子。そんな彼女にスタイリストの影山蓉子さんが与えてくれたアドバイスとは?

編集N 最近は部屋着の延長で楽しめるようなカジュアルなファッションがメインですが、ときには華やかな装いを楽しみたい……ということで、今週はロングワンピースをテーマにお話をお伺いできたらと思います。普段はパンツがほとんどの私も、着心地がよくて手抜きして見えない一着が欲しいなと思い始めました。 影山 万能なロングドレスはこれからのシーズンに欠かせないマストアイテムですね。だからこそ一枚でさまになるデザインをしっかり選びたいところではあります。 編集N 今日は是非その極意を教えてください。最近はセシリー バンセン(CECILIE BAHNSEN)をはじめ、大人でも楽しめるガーリィーなデザインが注目されていますよね。これまでトレンドだったスポーティともカジュアルとも違う、ネオロマンティックなムードに新鮮さを感じます。

影山 セシリー バンセンは私もスモックタイプのロングドレスを愛用中です。ボリュームがあるけれども素材がパリッとしているので、しっかりモードに見せてくれるのがうれしいポイント。アンバランスさを楽しめるデザインなので、モリー・ブルスタインのように小柄な人でも似合いますし、人気の理由がすごくわかります。 編集N モリーのようにボディスーツを透かして着るのはなかなか難しそうですが、バランス感覚は参考にはなりますね。 影山 セシリー バンセンは全体的に見ると可愛いムードですが、大胆な背中のカッティングや手首の見え方など、肌見せ加減が秀逸なんですよね。モリーは足もとを重ためにした彼女らしい着こなしですが、今年っぽく見せるならサラッと抜いてみるのもいいと思います。

【関連記事】