Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京ヴェルディ DF近藤直也選手「学校と練習で往復3時間。柏レイソルU-18に入団しながら、県内屈指の進学校を選んだ理由」

配信

高校サッカードットコム

 小学5年生の時には柏レイソルジュニアのセレクションに合格するも、地理的な事情で入団を断念し、中学サッカー部へ。中学卒業後は県内屈指の進学校である茨城県立竹園高等学校へ進学。学校から往復3時間かけて、高校時から入団した柏レイソルユースの練習に通う生活を開始。卒業後はそのままプロの道へ進み、現在は東京ヴェルディでプレーしながら、フットサルコートとサッカースクールの経営をする。サッカーを始めるきっかけから、プロサッカー選手になり、プロサッカー選手をやりながら自身のスクールを経営するに至るまでを伺った。 【フォトギャラリー】東京ヴェルディ DF近藤直也選手 ーーサッカーをはじめたきっかけは何でしたか?  サッカーを始めたきっかけは兄がやっていたからです。それと、小さい頃からサッカーを当たり前にやる環境だったというのも大きかったです。外で遊ぼうとなると、だいたいサッカーでチームに入団したのは小学1年生からでしたが、その前からずっとサッカーをやっていて、野球など他のスポーツをするという選択肢はありませんでした。 小学校5年生の秋にレイソルのジュニアユースのセレクションを受け、合格できたのですが、電車で通うことを考えると不安だったので、入団は諦めて、練習参加だけさせてもらっていました。 ーー中学時代はどんなプレイヤーだったのでしょうか?  中学時代は部活でキャプテンをやっていて、ポジションも今のようにDFではなく、トップ下と呼ばれるポジションでテクニシャンでした(笑)。当時は身長も低かったですし、あたりも弱かったですね。 ーー中学卒業後になぜ高校の強豪校ではなく、ユースに進むことを決めたのでしょうか?  中学を終えて、サッカーのレベルがより高いところで挑戦したいという思いもあり、レイソルユースのセレクションを受け、合格することができたので、入団しました。当時は、サッカーがなくなったときに何もなくなってしまうということが怖かったので、サッカーの強豪校に推薦で入ってサッカーだけしかしないという生活をするという選択肢はありませんでした。 進学した茨城県立竹園高等学校は、自宅からも近く、進学校でもあったのでサッカーだけでなく、勉強もできるだろうなと思って入学を決めました。当時は、学校で授業を受けて、その後レイソルの練習に行くという毎日でしたが、全く苦ではなかったですね。行き帰り往復で大体3時間程度かかり、家に帰るのは22時半過ぎ。そこから学校の宿題をやるという生活をしていました。もしかしたら大変そうに聞こえるかもしれませんが、サッカーをする人だけ、勉強する人だけでなく、両方の人と関われたので、新鮮さがあり、すごく充実した3年間でした。

【関連記事】