Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コンビニ3社の大盛りペペロンチーノを実食比較 麺が一番多いのは?

配信

マネーポストWEB

 パスタの定番といえばペペロンチーノ。大手コンビニ3社でも定番商品としてペペロンチーノが販売されているが、いずれも共通する特徴があるという。コンビニグルメに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう話す。 【写真】ローソン『大盛!ウインナーとベーコンのペペロンチーノ』

「コンビニでは、ペペロンチーノは基本的に常時ラインナップされています。分量や具材など微妙なマイナーチェンジを繰り返していますが、現在のトレンドは“大盛り”と“ソーセージ”。セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの3社が、“大盛り”を謳い、なおかつソーセージを具材として使ったペペロンチーノを販売中です」

 巣ごもり生活でコンビニグルメを味わう機会も多い中、大手コンビの3社のペペロンチーノを実食比較してみよう。

ローソンは本格イタリアン風

 ローソンでは『大盛!ウインナーとベーコンのペペロンチーノ』が販売中だ。価格は461円(税別、以下同)。表示されている1包装あたりのカロリーは920kcalだ。

 具材は長めのウインナーソーセージと4枚のベーコン。スライスされた鷹の爪、みじん切りのパセリ、フライドガーリックも入っている。麺だけを取り出して重さを量ってみたところ、344gだった。

 実食したマネーポストのコンビニグルメ担当記者・Aはこう話す。

「麺はアルデンテ感が強めで、オリーブオイルとガーリックの香りもしっかりとあります。本格的なイタリアンのペペロンチーノに近い雰囲気を感じました。ウインナーはジューシーで、かじった瞬間に油と肉汁がじゅわっと流れ出てきます」

 全体的なボリューム感はどうだろうか。一般的なイタリア料理店で出される1人前のパスタの麺が150~200g程度だとすれば、その倍くらいはある計算になる。

「全体的にシンプルな味わいですが、案外飽きずにぺろりといける量です」(記者A)

庶民的な親しみやすさがあるファミマ

 ファミリーマートで販売されているのは『大盛ペペロンチーノ ベーコン&ウインナー』。価格は462円。カロリーは772kcal。麺だけの重さは340gだった。

【関連記事】