Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京ディズニーランド&シーきょうから営業再開 社会的距離保ってゲスト歓迎

配信

シネマトゥデイ

 7月1日、東京ディズニーランド/東京ディズニーシーを運営する株式会社オリエンタルランドは、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、2月29日より臨時休園していた両パークの運営を、およそ4か月ぶりに再開した。 【画像】営業を再開した東京ディズニーランド  午前8時の開園時には、ゲストがソーシャルディスタンスを保ってパーク前に待機。エントランスを抜けた、土産ショップなどが立ち並ぶワールドバザールの両脇では、マスク姿のキャストたちが、間隔を保ちながら、手を振ってゲストを迎えた。

 開園時には,同社代表取締役会長兼・CEOの加賀見俊夫氏によるあいさつも放送。加賀見氏は「みなさまを再び東京ディズニーリゾートにお迎えできることを、全キャストともども、心から嬉しく思っております。パークの再開にあたっては、ゲストの皆さまとキャストの健康と安全を最優先に考えた新たな対策を検討し、準備を重ねてまいりました。ゲストの皆さま全員に安心してパークを楽しんでいただけるよう、ぜひご理解とご協力をお願いいたします。魔法あふれるディズニーテーマパークの世界を存分にお楽しみください」とゲストに呼びかけた。

 当面の間は、オンラインで日付指定のあるチケットを購入できた来場者のみが入園可能となる。営業再開にあたり同社では、政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」を踏まえて作成された「遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に沿った対策を施すほか、「行政機関からの指導のもと、ゲストの皆さまとキャストの健康と安全の確保を最優先に運営してまいります」としている。

 入園の際には検温を実施し、常時マスクの着用をもとめる他、列に並ぶ際に目印を設置し、ゲスト同士のソーシャルディスタンスを確保。手指消毒を徹底するため、施設の各所に消毒液を設置している。一部アトラクションは運営を休止しており、グループごとに乗り物や座席の間隔をあけるほか、乗り物の手すりやセーフティーバーは定期的に拭き上げを行う。キャラクターとゲストが触れ合うグリーティングも休止され、ソーシャルディスタンスを確保した上で、キャラクターが挨拶する方式に変更。ショップ、レストランも同様の対策を施し、使用するテーブル数も制限、メニューブックの代わりに、ゲストがスマートフォンなどでメニューを確認できる二次元コードが用意される。

 感染防止のためさまざまな対策がとられるなか、来園者からは喜びの声も寄せられたといい、神奈川県の中条さん家族は、「久しぶりに来ることができてとても嬉しいです。マスク越しでもキャストの笑顔を感じることが出来て、おかえりなさいと言われているようでした」とコメント。神奈川県から訪れた三宅さん家族は「シンデレラ城にミッキーやミニーたちが出てきて、手を振ってくれたのが、とても嬉しかったです。今日はパークの雰囲気を感じたり、家族で写真をたくさん撮ったりしたいです」と話したという。(編集部・入倉功一)

【関連記事】