Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

成海璃子が一般男性と結婚「温かく見守って頂けますと幸いです」9月中旬に2人で婚姻届提出

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 女優の成海璃子(28)が一般男性と結婚したことを23日、所属事務所を通じて発表した。関係者によると、9月中旬に都内の区役所に2人で婚姻届を提出。挙式、披露宴は未定だという。  成海は「私事ではございますが、この度、結婚いたしましたことをご報告させていただきます。お相手は一般の方で、2020年9月中旬に入籍いたしました」と報告。「今後も変わらずに仕事を続けていきたいと思いますので、温かく見守って頂けますと幸いです。今後とも宜しくお願い致します」とつづった。  成海は5歳の時に「テレビに出たい」と親に頼み児童劇団入り。12歳で、日本テレビ系「瑠璃の島」(05年)で連続ドラマ主演デビュー。12年、NHK大河ドラマ「平清盛」で初の大河出演にも関わらず、自身のイメージとは180度違う「大酒飲みの美女」という平滋子(たいらのしげこ=のちの建春門院)役を熱演し、話題を集めた。  来年放送のNHK大河ドラマ「青天を衝け」(吉沢亮主演)に、渋沢喜作の妻・渋沢よし役で出演する。プライベートの充実を糧に、大役に挑む。  ◆成海 璃子(なるみ・りこ)1992年8月18日、神奈川県生まれ。28歳。2000年、テレビ朝日系「TRIC1」でドラマデビュー。07年、「神童」で映画初主演。主な代表作はフジテレビ系「1リットルの涙」、フジ系「ハチミツとクローバー」(08年)、「みをつくし系料理帖」(17年)、映画「海辺の映画館―キネマの玉手箱」(20年)など。身長163センチ。血液型O。

報知新聞社

【関連記事】