Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「総理大臣になる」夢を諦めた子ども時代。藤原しおりが“ブルゾンちえみ“を卒業した今、考えていること

配信

ハフポスト日本版

ブルゾンちえみ卒業から約2ヵ月。 取材のため姿を見せた彼女の顔には、梅雨入り前のどんよりとした空模様とは対照的に、晴れやかな笑顔が広がっていた。 新型コロナの影響で、予定していたイタリアへの渡航は延期に。しかし彼女は、本名「藤原しおり」としてインスタグラムやYouTubeでの発信を始めるなど、すでに新たなステージへと一歩を踏み出している。 これからは環境問題や政治など「少し遠い話題」と人々とをつなぐ「フック」のような存在になりたいと話す藤原さん。 彼女はなぜ社会の問題に目を向けるのだろう。そして、世の中にどんなメッセージを届けていきたいのだろうか。本人に聞いた。

遠い世界の問題も「知ること」から始めればいい

6月上旬、自身のインスタライブで、アメリカで起こっている人種差別の問題について懸命に伝える藤原さんの姿があった。 アメリカ・ミネソタ州で黒人男性が警官に首を押さえつけられ死亡した事件を機に、世界中に広がった「Black Lives Matter(黒人の命は大切だ、命を守れ)」の運動。黒人への不当な暴力や差別への反対を表明するため、SNSに一面真っ黒の画像を投稿したり、デモに参加したりする人が続出した。 海外の友人のSNSを通じて、事件のことを知ったという藤原さん。心を痛める一方で、黒人差別問題の複雑な背景について調べれば調べるほど「日本人の自分がアメリカ人すら安易に語れない問題にどう関われるのか」と戸惑った。 そんな率直な気持ちをアメリカに暮らしていた友人にぶつけてみると、返ってきたのは思いもよらない言葉だったという。 「アメリカの人にとっては、この話題が日本でこうして真剣に話されていること自体がかなりの発展だと思うよ、って言われたんです。こんなことは数年前には、考えられなかったことだと」ーー。 「こうして話すことも必要な一歩なのか」。モヤモヤしていた気持ちが薄れていった。 「きっと私のように問題にどのように関わっていいかと悩んでいる人は沢山いると思うんです。声をあげるって、デモに参加するとか、発信するだけじゃない。だから、知らない立場・どう言っていいか分からない立場として、みんなにも『まずは知ることから始めてみよう』と伝えたいと思いました」

【関連記事】