Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『レイジングループ』のamphibian氏がケムコを退社へ。今後は「フリーの物書きとして生きていくことを目指します」。

配信

ファミ通.com

 2020年7月1日、『レイジングループ』のディレクターでシナリオを担当したamphibian(あんひびあん)氏が、2020年6月30日付でKEMCOを退社したことをTwitterで報告した。  氏は、一連のツイートの中で退社の理由を、「一身上の都合」とし、「直近のプロジェクトを通し、力不足を痛感したため」と話した。なお、「会社側とはきちんと話をし、円満に退職」しているとのことだ。  また、amphibian氏はKEMCOで新たな伝奇ホラー『RD(仮)』を開発中だったが、「在職中に手がけたもの、その関連作、および、将来的に作ると発表していたものについては、amphibianの手を離れることとなります」とし、開発が続けられるのか中止になるのかなどは不透明な状況だ。 『レイジングループ』のamphibianが紡ぐ新たな伝奇ホラー『RD(仮)』制作が判明。プロットは完了済(ほかは全部これから)とのこと【TGS2019】 https://www.famitsu.com/news/201909/12183192.html  今後については、「状況が変わり次第、Twitterなどでご報告できればと思います」とした。  氏の代表作『レイジングループ』は、“人狼”をモチーフにしたテキストアドベンチャー。2015年12月にスマートフォン向けに配信開始されると、口コミで人気を呼び、2017年の週刊ファミ通“アドベンチャー総選挙”では7位に入賞。家庭用ゲーム機向けにもプレイステーション Vita、Nintendo Switch、プレイステーション4でダウンロード版が配信されており、プレイステーション4ではパッケージ版も発売されるなど、異例のスマッシュヒットとなった。  なお、amphibian名義とTwitterアカウントは引き続き使用されるとのこと。amphibian氏のさらなる活躍に期待したい。 『レイジングループ』制作者に直撃! 話題の“人狼”アドベンチャーはいかにして生まれたか【ネタバレ注意】 https://www.famitsu.com/news/201802/28152576.html

【関連記事】