Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今こそ自撮りをマスターしよう! おしゃれ賢者たちのセルフィー5選

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

外出自粛期間中は、模様替えをしたり、料理を作ったりとさまざま方法で“おうち時間”を豊かにしている人が多いようだ。なかでもファッショニスタたちは、個々で見せ方を工夫しながら自宅でセルフィーをして、その日のコーディネートをインスタグラムで紹介している。そこで、自撮りのプロでもある彼女たちからセルフィーのテクニックを学んで、早速トライしてみよう! 【写真】画像加工で重大なミスをしてしまったセレブたち

全身のコーディネートを見せたい時は、エリカ・ボルドリン(Erika Boldrin)をお手本に、 クローゼットの鏡を最大限に活用しよう。片方の脚を一歩引いてみれば、足長効果あり!しゃがむと、なんだか親近感が。どちらにしろ存在感が増して、スクロールの手を止めることができるのかも。

外出自粛中でお気に入りのシューズを履く機会が少なくなってしまったけれど、レアンドラ・メディーン(Leandra Medine)のように新調したソックスをフォロワーにアピールすることは出来るはず。

スナップクイーンのブランカ・ミロ(Blanca Miro)は、iPhoneで顔を少し隠して鏡の前でパシャり。この撮り方は、インパクト大なハットやパッチワークのアウターなど、他のところに視線を集中させるため?横向きで撮影して、あなたが美しく見える角度も発見してみて。

正面から撮影する場合は、目線を鏡(もしくはレンズ)から外すと自然に見える。斜め上を見たり、足元に目線を落としてナチュラルな表情を作ってみて。マリア・バーナード(Maria Bernad)は、あごを少しあげて、こなれ感漂う一枚をアップ。

全身のコーディネートを披露したい時は、直立だけでなく、体を横に向けてしゃがむだけでもOK。アリッサ・コスカレリ(Alyssa Coscarelli )を参考に、なるべくコンパクトに収まるのがポイント。インスタのフレームを最大限に使うという点でも役立ちそう!

【関連記事】