Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ感染者療養先ホテル 今月下旬営業再開 仙台・作並温泉

配信

TBC東北放送

TBC

 新型コロナ感染者の療養施設として、6月まで軽症者らを受け入れてきた仙台のホテルが、7月下旬の営業再開を目指しています。2021年、震災から10年となるのを前に、教育旅行の取り込みに期待を寄せています。  仙台市青葉区作並温泉の「La楽リゾートホテルグリーングリーン」。感染者の療養施設として、6月まで、宮城県が借り上げていましたが、1日は、従業員が大浴場などの修繕作業に追われていました。このホテルでは、6月30日まで2か月半にわたり、新型コロナに感染した軽症者らを受け入れてきました。既に館内の消毒を済ませましたが、すぐに客足が戻ることが見込めないため、7月23日からの4連休をめどに営業を再開させます。  こうした中、期待を寄せているのが、震災から10年を前にした教育旅行です。このホテルでは、震災後、毎年秋には被災地を訪れる修学旅行の受け入れに力を入れてきました。2020年は、首都圏などへの修学旅行を控える動きがあり、これまであまり訪れることがなかった栃木や青森の小中学校から問い合わせが相次いでいます。